プロフィール ×

マルク

Author:マルク
本館ブログへようこそ!
FCバルセロナ応援サイト
「バルセロ二スタという職業」
の管理人です。
当ブログはロナウジーニョの情報が中心。ゴー・アヘッド・イーグルス(オランダ2部)で現役復帰を果たしたマルク・オーフェルマウスの情報も載せています。


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

カレンダー ×
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Link ×
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 ×

RSSフィード ×


 バルセロ二スタという職業 



スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロナウジーニョ、2年連続でFIFA年間最優秀選手に! 【2005/12/20 18:45】 ロナウジーニョ

2005fifaworld03.jpg


ロナウジーニョが2005年のFIFA年間最優秀選手に選ばれました!2年連続の受賞です!しかも今年は、9月に国際プロサッカー選手協会の年間最優秀選手に、11月29日には欧州年間最優秀選手(バロンドール)に選ばれており、3冠の偉業を達成したことになります。

このFIFAの賞は各国代表の監督と主将の投票で受賞者が決まるシステムです。ロナウジーニョは956ポイントを獲得。同じく最終候補者だったチェルシーのフランク・ランパードは306ポイント、エトーは190ポイントですから、圧倒的な差をつけての文句なしの受賞です。

以下、ロナウジーニョの喜びのコメントです。
「この賞をFCバルセロナのチームメート全員と私の家族に捧げたいと思います。彼らは私が苦しい時に支えてくれました。そして、私がサッカーのプレーを出来るように健康な体を与えて下さった神にも捧げます。(エトーとランパードを含めて)私達3人のうち誰が受賞しても不思議ではなかったでしょう。私達は夢を叶えたのです。
この賞を受賞した訳ですから、後はベストコンディションに仕上げてバルサに貢献することが私の役目です。チームに貢献し続け、チームの象徴のような存在になれたら、と思います。ワールドカップに向けての準備も進んでおり、優勝して母国ブラジルに凱旋帰国したいと思っています。
私は地球上で一番幸せな男です。私は素晴らしいチームでプレーし、多くの友人たちに囲まれ、しかも私のプレーやバルサを人々が認めてくれています。これからも私のプレーで人々が幸せを感じてくれたら、と思っています」


2005fifaworld04.jpg


2005fifaworld05.jpg


スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://marcfcb11.blog21.fc2.com/tb.php/51-8767482a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

I'm the happiest man on earth‥

 戴冠+涙2003年8月バルセロナに降り立ったバルサ復権の象徴、ガウショ地方育ちの太陽王が、2度目のFIFA Player of the Year の栄誉に輝きました。全てのバルセロナファンは勿論、全てのフットボールファンが彼のプレーを愛していると思います。現代フットボールに 力   櫻【2005/12/20 20:42】

FIFA最優秀選手はロナウジーニョ♪

さすが♪ロナウジーニョ!!見事、三冠を達成!!!「国際サッカー連盟(FIFA)は19日、2005年の年間最優秀選手を発表し、バルセロナ所属のブラジル代表MFロナウジーニョ(25)が2年連続で受賞した。... iN-phase,Horyの部屋【2005/12/21 02:20】

2005年FIFA年間最優秀選手は・・・

マラドーナからロナウジーニョの時代へスポーツナビでこんな記事がありました。ほんの数年前まではジダンの天下のような世界のサッカーでしたが、急激に、そして劇的に、ロナウジーニョの時代へ変わろうとしている、今はまさにそんなところなんでしょうか。そして、そのジダ サスライ ドット コム【2005/12/22 14:19】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。