プロフィール ×

マルク

Author:マルク
本館ブログへようこそ!
FCバルセロナ応援サイト
「バルセロ二スタという職業」
の管理人です。
当ブログはロナウジーニョの情報が中心。ゴー・アヘッド・イーグルス(オランダ2部)で現役復帰を果たしたマルク・オーフェルマウスの情報も載せています。


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

カレンダー ×
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Link ×
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 ×

RSSフィード ×


 バルセロ二スタという職業 



スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ACミラン入団会見 【2008/07/19 08:20】 ロナウジーニョ

transro0809.jpg


17日、ロナウジーニョがACミランの入団会見に臨みました。

会見の最後、ロナウジーニョとガッリアーニ副会長は報道陣の前で正式に契約のサインを交わしました。2011年6月末までの3年契約です。

以下、会見の模様の和訳です。
※「 」内がロナウジーニョの談話です。

「これまでの僕のキャリアの中でも特別な瞬間だよ。ミランのような優れたチームでプレーすることは、サッカー選手なら誰もが夢見ることだからね。このクラブは偉大で、素晴らしい選手たちがここでプレーしてきた。今は本当に素晴らしい瞬間だし、こうやってミランのユニフォームを着ていることが既に勝利だよ」

「バルセロナで過ごした日々は素晴らしいものだったよ。チームメートと共にタイトルを獲得したからね。でもチームは不調に陥ってしまった。だから、バルセロナとは互いに合意の上で別れることを決めたんだ。ミランに来ることが出来て幸せだし、ここでもタイトルを勝ち取ることが出来ると確信しているよ」

Q.カカについてはどう思う?
「カカと一緒にプレー出来ることを嬉しく思うよ。彼は世界でもベストな選手の1人だ。彼はまた親友でもある。ミランには友人が多くいるし、適応する上で問題はないと思う。カカとはブラジル代表でも一緒にプレーして、うまくいっているからね」

Q.デメトリオ・アルベルティーニの引退記念試合であなたがサンシーロに来た際、もうすでに歓声が上がっていましたが?
「そう。あれは特別な瞬間だったね。予期していなかったことだったんだ。あれは試合が始まる2、3分前ではあったけど、バルサとミランの間にはライバル心があるからね。でも僕に対するサポーターの愛情を感じたよ。だから今は自分の家にいるような気がするんだ。ミランでプレーした多くのブラジル人と話す機会があったけど、皆、ここの環境は素晴らしいと話していた。それで、ますますミランに関心を持ったよ」

Q.マンチェスター・シティに移籍することは考えた?
「怪我をしていた間は、とにかく怪我を治すことしか考えていなかった。でもミランとの交渉があることは知っていたよ」

Q.背番号は何番になりますか?
「まだ決まっていないんだ。決まったら話すよ」

Q.オリンピックに出場することで、ミランに適応するための大切な準備期間が失われるのでは?
「そうは思わないよ。オリンピックはとても大切な大会だ。特にブラジルは優勝したことがないからね。僕のキャリアの中でも大切な時期だ。出場を認めることは以前からの約束だし、ミランへの適応を妨げることはないと思うよ」

Q.サポーターの熱狂的な歓迎は予想していましたか?
「サポーターの歓迎と愛情には感謝しているよ。おかげでモチベーションが上がったし、懸命にプレーしてお返しをしたいと思う」

Q.イタリアのサッカーについてどう思いますか?
「セリエAは世界で最も厳しいリーグの一つだよ。まだセリエAでプレーした経験がないから、詳しいことは分からないけどね。でも僕はポジティブに考えているし、全てがうまくいくはずだよ」

Q.チャンピオンズリーグに出場出来ないことについては?
「チャンピオンズリーグに出場したことのある選手なら、誰もがその重要性を分かっている。だから出場出来ないことがモチベーションになるんだ。すぐにあの大舞台に返り咲いてみせるってね!」

Q.インテルとのダービーマッチについては?あなたの友人が多くいますね。
「どの試合も重要だと考えているよ。1試合が他の試合より重要だとは思わない。僕としてはどんな試合でもコンディションを最高に持っていくだけ。とにかくブラジル人選手たちがイタリアの強豪チームで活躍しているのは嬉しいよ」

Q.イタリアのマスコミはサッカー選手のプライベートに興味を持ちます。あなたのプライベートへの影響は?
「僕はずっと規則的な生活を送ってきたし、これからも同じようにするだけ。今まで何の問題もなかったし、最高のプレーをするために精進を続けるよ」

Q.移籍が完了するまでは長い道のりでしたね。
「僕の兄のロベルトが交渉にあたってくれたから、僕はサッカーに専念することが出来た。勝利の哲学を携えてミランにやって来たし、チームメートと共に、この偉大なクラブに多くのタイトルをもたらすことが出来ると信じているよ。僕はまだ若いけど経験がある。この経験を活かして勝利を目指すよ。来るべき時にここへやって来たと思うし、このクラブを尊敬し、信頼している。そして僕の獲得を決意してくれたアンチェロッティ監督にも感謝したい」

会見後、サンシーロでロニーの歓迎セレモニーが行われました。

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://marcfcb11.blog21.fc2.com/tb.php/250-b702d746
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。