プロフィール ×

マルク

Author:マルク
本館ブログへようこそ!
FCバルセロナ応援サイト
「バルセロ二スタという職業」
の管理人です。
当ブログはロナウジーニョの情報が中心。ゴー・アヘッド・イーグルス(オランダ2部)で現役復帰を果たしたマルク・オーフェルマウスの情報も載せています。


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

カレンダー ×
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Link ×
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 ×

RSSフィード ×


 バルセロ二スタという職業 



スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


72時間 ~ミランorマンC~ 【2008/07/15 15:51】 ロナウジーニョ

mancmilan002.jpg


ロナウジーニョに与えられた猶予は72時間・・・。

なんだかサスペンス映画のような見出しですが、ここ数日のロナウジーニョの周辺はサスペンスフルです。色々な情報が錯綜し、状況を把握するのが精一杯。展開が全く読めないですね。

ロナウジーニョはブラジルに残って調整を続けるものと思われていましたが、バルサのトレーニングが再開される14日、急遽バルセロナに戻りました。兄で代理人のロベルトも一緒です。ただし、チーム練習には参加せず、ホテルで待機。そしてグアルディオラ監督やチキ・ベギリスタイン(テクニカルディレクター)と会談。2、3日中に移籍について結論を出すことで合意。

バルサにロナウジーニョ獲得の正式オファーを出しているのはACミランとマンチェスター・シティ。ただし移籍金提示額がミラン1500万ユーロ(約25億5000万円)、マンC3200万ユーロ(約54億円)と大きな隔たりがあり、バルサとしてはマンCと交渉をまとめたいところでしょう。

一方、ロニーとロベルトは滞在先のホテルでミランのガッリアーニ代表取締役と接触しており、ミランを希望しているのは明らか。

しかし、ミランはバルサと同じく、ロナウジーニョの五輪出場には否定的。北京行きに拘っているロニーですから、これは大きなネックとなりそうです。移籍金のことも合わせて考えると、マンCが有利でしょう。

どちらにせよ、ロニーがバルセロナに別れを告げる時が迫っています。

参考記事:Yahoo!スポーツ

スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://marcfcb11.blog21.fc2.com/tb.php/247-96718c35
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。