プロフィール ×

マルク

Author:マルク
本館ブログへようこそ!
FCバルセロナ応援サイト
「バルセロ二スタという職業」
の管理人です。
当ブログはロナウジーニョの情報が中心。ゴー・アヘッド・イーグルス(オランダ2部)で現役復帰を果たしたマルク・オーフェルマウスの情報も載せています。


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

カレンダー ×
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Link ×
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 ×

RSSフィード ×


 バルセロ二スタという職業 



スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


サッカーの敵 ~人種差別~ 【2005/11/10 16:47】 エトー

残念なことに先日のヘタフェ戦(アウェー)で、エトーに対して一部のヘタフェサポーターによりモンキーチャント(黒人を侮辱するコール)が行われました。クラブ側はスピーカーで相手チームを尊重するように呼び掛け、電光掲示板には「人種差別反対」の文字を表示しました。

エトーは以下のようにコメント。
「ヘタフェ首脳陣が決めた対応策には感謝したい。ほかのスタジアムでもこのように人種差別と戦ってくれればと思う」

後日、RFEF(スペインサッカー連盟)によりヘタフェに約41万円の罰金が課されました。この種の行為に対しては最高で約82万円の罰金なのですが、迅速な対応が考慮されたようです。

しかし肝心のヘタフェの会長、アンヘル・トーレス会長はモンキーチャントが行われた事実を否定。
「そんなコールを聞いたのは主審だけだった。グラウンド上で起こることに注意していなければならないのになぜすべてを聞くことができたのか理解できない」

この会長、人種差別撲滅に対する意識が低いようで・・・。アンリやロナウジーニョが率先して「STAND UP SPEAK UP」キャンペーンを行っていますが、人種差別を撲滅するための道のりは険しいと痛感します。しかし、諦めてはいけない!人を肌の色で侮辱するのは愚劣なこと。

人種差別はサッカーの敵です!


etopray01.jpg



スポンサーサイト


この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
http://marcfcb11.blog21.fc2.com/tb.php/23-586bc0f4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

差別する人のこと/差別する人のこと

差別する人のことについて悩みを解決するには、まずは差別する人のことについての正しい知識が必要です。そこで、差別する人のことについての情報を集めました! 差別する人のことについて調べて、差別する人のことに関する悩みを解決しちゃいましょう! 差別する人の... なるほどキーワード【2007/02/11 15:20】



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。