プロフィール ×

マルク

Author:マルク
本館ブログへようこそ!
FCバルセロナ応援サイト
「バルセロ二スタという職業」
の管理人です。
当ブログはロナウジーニョの情報が中心。ゴー・アヘッド・イーグルス(オランダ2部)で現役復帰を果たしたマルク・オーフェルマウスの情報も載せています。


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

カレンダー ×
08 | 2008/09 | 10
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

Link ×
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 ×

RSSフィード ×


 バルセロ二スタという職業 



スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ブラジル、2位浮上 ~南アW杯・南米予選~ 【2008/09/08 22:09】 ロナウジーニョ

chbra0809001.jpg


ドゥンガ監督にとっては、引き分けすら許されない、進退の懸かった2連戦が始まりました。

まずはアウェーでチリと対戦。ブラジルにとっては相性の良い相手であるだけに、アウェーといえど、快勝したいところ。

ロナウジーニョは、もちろん先発。ロビーニョ、ルイス・ファビアーノと共に3トップを形成し、攻撃的布陣で試合に臨みました。

しかし、序盤はチリのペース。ブラジルはシュートすら打たせてもらえませんでした。それでも21分、ロナウジーニョのFKをルイス・ファビアーノが頭で合わせて先制弾!リズムを掴めなくても、点は獲るという勝負強さを見せました。

そして35分、ジエゴがペナルティエリアでファウルを受けてPKの判定。キッカーはロナウジーニョ。ここで0-2にすると楽な展開になります。しかし、GKに止められ、追加点ならず。セレソンのエース、ロナウジーニョのPK失敗で嫌なムードが漂いましが、それも少しの間だけでした。

44分、ルシオのフィードを前線のルイス・ファビアーノが相手ディフェンスのチェックを受けながらも、見事にキープして抜け出します。最後はロビーニョがシュートを決めて0-2!前半の間に2点差としました。

後半は荒れた展開に。後半開始早々、クレーベルが2枚目のイエローで退場に。53分、この影響でロニーはベンチに下がりました。数的に優位に立ったチリでしたが、62分、MFのバルディビアが1発レッドで退場。10人VS10人の戦いになりました。試合をコントロール出来ないレフェリーのカード乱発により、試合は壊れたと思います。

83分、ルイス・ファビアーノが2ゴール目。結局、0-3でブラジルが勝利。これで2位浮上です。あまり良い内容ではありませんでしたが、アウェーで3ゴールを奪い、かつ無失点。ドゥンガ監督への批判はひとまずは鎮静化、といったところでしょうか。

残念なのは、ロナウジーニョのプレーに覇気がなかったことです。見せ場は1点目につながったFKと、ロビーニョに通した見事なスルーパス1本ぐらい。左サイドに張っているだけで、縦への突破は見られず、消極的に横パス、バックパスを繰り返すだけ。ミランで見せたプレーは見る影もなく・・・。過密日程で疲労があるのでしょうが、大事な代表の試合。頑張って欲しいですね。

10日、セレソンはホームでボリビアと対戦します。今度こそロニーのファンタジックなプレーを見たい!


[READ MORE...]
スポンサーサイト




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。