プロフィール ×

マルク

Author:マルク
本館ブログへようこそ!
FCバルセロナ応援サイト
「バルセロ二スタという職業」
の管理人です。
当ブログはロナウジーニョの情報が中心。ゴー・アヘッド・イーグルス(オランダ2部)で現役復帰を果たしたマルク・オーフェルマウスの情報も載せています。


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

カレンダー ×
10 | 2007/11 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

Link ×
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 ×

RSSフィード ×


 バルセロ二スタという職業 



スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


バルサ、決勝トーナメント進出が濃厚 【2007/11/10 12:50】 FCバルセロナ

0708clbarrenge001.jpg


チャンピオンズリーグ・レンジャース戦(ホーム)。ベティス戦の勢いそのままに、バルサが圧倒的な強さを見せつけました。

6分、ロナウジーニョのロングパスをメッシーがヘッドでゴール前に落とし、飛び込んできたアンリが押し込んでバルサ先制!

そして43分、ロナウジーニョがメッシーとの壁パスでペナルティエリアに侵入。シュートを放ちますが、これはGKに弾かれてしまいました。しかし、こぼれ球をメッシーが押し込み、2-0!このまま2点差でバルサが勝利し、グループリーグ突破はほぼ決定的となりました。

この日の主役はもちろん、ロナウジーニョ!2得点に絡み、マン・オブ・ザ・マッチにも選ばれました。ヨーロッパの大舞台で復調をアピール!ここ最近の数試合の活躍でロニーは信頼を取り戻しつつあります。

ロニーが交代でベンチに退く際、聞こえてきたのは拍手だけでした。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
ロナウジーニョ、FK2発で笑顔復活! 【2007/11/07 23:45】 ロナウジーニョ

0708barbetis001.jpg


リーガ第11節・ベティス戦(ホーム)。バルサ復活を印象付けるとともに、ロナウジーニョも本来の調子を取り戻しつつあることを感じさせる試合となりました。

32分、イニエスタのアシストでアンリが先制ゴール!

52分、ロナウジーニョがメッシーとのパス交換からドリブルで中央突破を試みるもファウルで倒され、フリーキックをゲット。もちろんキッカーはロナウジーニョ!壁の上を越え、鋭く曲がって落ちる軌道でゴールネットを揺らしました。2-0!

さらに試合終了間際の92分、ロナウジーニョが再びFKを決め、3-0!そのまま3点差で試合終了!ベティスに何もさせない完璧な試合運びでした。

この試合の主役はもちろん、FKで2ゴールのロナウジーニョ!アクロバティックなオーバーヘッドキックを披露する場面もあり(惜しくもシュートは外れましたが・・・)、ロニーの完全復活が間近であることは間違いありません。

ゴールを決めた後、ロニーはゴールラインの旗をマイクスタンドに見立てて歌を歌うパフォーマンスも披露。カンプノウの観衆を大いに湧かせました。

ロニーに笑顔が戻るのを皆が待っていたのです!

0708barbetis003.jpg


以下、試合後のロナウジーニョのコメントの和訳です。

最近のコンディションに関して・・・
「全ての点で改善していきたいと思っている。まだ100%の状態じゃない。以前よりは良くなっているけど、もっとやれるはずなんだ」

「(批判に関しては)もう過ぎたことだし、今は幸せだよ。怪我をしたけど、今再び調子を取り戻してきたし、出来る限り早く100%の状態に戻したい」

ティエリ・アンリとのコンビネーションが上手くいっていないようだが?
「心配いらないよ。アンリは長年親しんだクラブチームから移ってきたからね。今、彼は適応しようとしている。彼なら誰とでも上手くいくはずなんだ。アンリとのプレーは本当に楽しいよ。毎試合、彼と一緒にプレーしているし、僕たちは互いのことが良く分かっているんだ。アンリはとても知的なプレーヤーだし、創造性に満ち溢れている」

リオネル・メッシーに関して・・・
「メッシーと僕はとても仲の良い友人同士で、共に挑戦したり、助け合ったりしているんだ。ピッチの上でも、プライベートでもね。僕とメッシーが絡んでいる得点の大半はコンビネーションプレーが起点になっている。僕たちはこうした動きについてよく話し合っているよ。うまくいけばファンタスティックなプレーになる」

「(バリャドリッド戦で)僕に自信を与えてくれたのはゴールしたことじゃないんだ。僕は毎試合ゴールを決めるようなタイプの選手ではないからね。良いリズムに乗ってプレー出来る方が素晴らしい。でもゴール出来るなら、その方が良いに決まっている。特に嬉しかったのは(ベティス戦で)フリーキックから得点出来たこと。フリーキックの練習をたくさんしているし、決まった時は最高に幸せだよ」

0708barbetis002.jpg



[READ MORE...]
ロナウジーニョ、アウェーで同点ゴール! 【2007/11/04 01:15】 ロナウジーニョ

0708valladobar001.jpg


リーガ第10節・バリャドリッド戦(アウェー)。左足のアキレス腱を痛めたアンリに代え、ボージャンがスタメン入り。左からロナウジーニョ、ボージャン、メッシーという新鮮な3トップが実現しました。

しかしバリャドリッドのジョレンテに先制ゴールを決められてしまったバルサ。アウェーでは実力を出し切れないという今季の悪い癖をまた露呈してしまいました。

それでも42分、チャビからのスルーパスを受けたロナウジーニョがゴール!同点!!

これで勢いに乗るかと思われたバルサでしたが、後半はスコアは動かず。結局1-1のまま試合終了・・・。せっかくのロニーのゴールも、これでは素直に喜べませんね。

ただ、ロニーの場合、自信を取り戻すことが重要。このゴールは復調のキッカケになるはずです!ロニーの笑顔が増えれば、チーム全体も元気が出てくるでしょう。

以下、試合後のロナウジーニョのコメントの和訳です。

「ゴールを決めることが出来て嬉しいよ。試合に勝って3ポイントを持ち帰ることが出来ていたら、もっと良かったけれどね」

「どの選手もゴールを必要としている。ゴールを決めて僕自身のリズムを取り戻すことが出来たから前向きに捉えたいね。この調子をずっと維持していきたいよ」

「僕は少しずつトップフォームを取り戻しつつあるよ。過去の試合のように良いプレーが出来ているから幸せだ」

「(アウェーで)勝てないことは恥じなきゃいけない。前半は良かったが、後半に焦りが生じた」

「惜しいシュートやフリーキックがあったし、個人的には勝つチャンスがあったと思っているよ」


[READ MORE...]
バルサの主役はロナウジーニョではない 【2007/11/01 02:15】 ロナウジーニョ

0708ronyre1101.jpg


ショッキングな見出しをつけてしまったと思います。しかしリーガ第9節・アルメリア戦(ホーム)は、この残酷な事実をロナウジーニョに、そして彼を応援するファンに突きつけました。

日々強まる批判を打ち消すためにも、是が非でもハッキリと分かる形での活躍が必要でした。しかし格下相手の試合において、ロニーはまたしても精彩を欠くプレーを見せてしまいました。

アンリとの呼吸が全く合わず、パサーとしての実力が発揮できない。ドリブルで相手を抜くことが出来ない。シュートに威力がない。FKの精度も悪い。ボールを失う回数が多い・・・。これではファンタジスタとは言えません。

73分、ライカールト監督はロニーをベンチに下げるという決断を下しました。途中交代はこれで今季6回目。拍手よりも指笛(非難の意を表わすもの)やブーイングの方が上回っていました。そして代わって入ったメッシーには大歓声。このコントラストはあまりに物悲しく、残酷です。

メッシーはジョバニが得たPKを決め、バルサの勝利を決定づけました。試合は結局2-0でバルサが勝利!

次節以降、ロニーはスタメン落ちするのではないかという噂もあります。この噂に関してチームメイトのザンブロッタはこう語っています。

「ロニーにとってベンチ控えは問題ない。ほぼ3日おきに試合が行われるという厳しい日程の中、休養は大事だ。常に100%の力を発揮できる選手なんていないよ。彼は焦っておらず、やる気十分だ。ミランに移る事なんて考えていない。ここが気に入っているからね」
Livedoorスポーツより抜粋)

厳しいことを書いてしまいましたが、ロニーは「やる気」を失っている訳ではありません。これが救いであるし、最も大切なことだと思うのです。今回の記事の毒舌は愛ゆえです。

見出しの「バルサの主役はロナウジーニョではない」に「今日の」を付けてみましょうか。ならば、「明日」はどうでしょう?「1週間後」は?

ロニーが魔法を取り戻す日が絶対にやって来る!







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。