プロフィール ×

マルク

Author:マルク
本館ブログへようこそ!
FCバルセロナ応援サイト
「バルセロ二スタという職業」
の管理人です。
当ブログはロナウジーニョの情報が中心。ゴー・アヘッド・イーグルス(オランダ2部)で現役復帰を果たしたマルク・オーフェルマウスの情報も載せています。


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

カレンダー ×
09 | 2007/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Link ×
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 ×

RSSフィード ×


 バルセロ二スタという職業 



スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


またもミラン移籍の噂が・・・ 【2007/10/28 11:46】 ロナウジーニョ

cl0708rengebar001.jpg


代表試合ウィークが明け、すぐに行われたリーガ第8節・ビジャレアル戦(アウェー)。ロナウジーニョ抜きで試合に臨んだバルサは1-3と完敗。今季初黒星です。

そしてCL・レンジャース戦(アウェー)。ロナウジーニョはフル出場でしたが、決定的な仕事は出来ず、結果はスコアレスドロー。勝ち点1を分け合う形になりましたが、次にホームでレンジャースに勝てば、1位でのリーグ戦通過が濃厚ですから、悪くない結果だと言えます。

レンジャース戦で活躍できなかったロナウジーニョに対してマスコミはまたしても集中砲火。ミラン移籍の噂も再浮上する始末。もうこの流れには、うんざりさせられますね。

マスコミを黙らせるには、やはり結果を出すしかありません。リーガ第9節・アルメリア戦(ホーム)でのロニーの活躍に期待しましょう!


[READ MORE...]
スポンサーサイト
【W杯南米予選】 ロナウジーニョ、聖地でゴール! 【2007/10/20 12:42】 ロナウジーニョ

0708brazilecua001.jpg


W杯南米予選・第2戦のブラジルの相手はエクアドル。戦いの舞台はブラジルサッカーの聖地「マラカナン・スタジアム」。ブラジルにとっては2年ぶりのホームゲームです。

コロンビア戦では高地に苦しめられて沈黙したセレソンの攻撃陣でしたが、今回は本領発揮!前半こそFWヴァグネル・ラブの1点にとどまったものの、後半に爆発!

後半17分、カカのロングシュートをロナウジーニョが左足で合わせてゴール!2-0!ロナウジーニョが触らなかったらGKに止められていたでしょうが、見事にボールの軌道を変え、GKの裏を掻きました。このゴールで勢いの出たセレソンはカカの2ゴール、ロビーニョの超絶個人技からエラーノのボレーシュートによるダメ押し弾と、終わってみれば5-0の圧勝!

ブラジル、初白星です。ロナウジーニョのゴールも朗報でした。ただ、長距離移動による疲れを考慮してリーガのビジャレアル戦にはロニーは召集されず。23日のCL・レンジャース戦に向けて温存したようです。


[READ MORE...]
【W杯南米予選】 ブラジル、ドロー発進 【2007/10/16 08:09】 ロナウジーニョ

07colobra001.jpg


W杯南米予選が開幕!14日、コロンビア×ブラジルが行われました(コロンビアがHOME)。

試合会場となったコロンビア・ボゴタは標高2600メートルの高地。さらにどしゃ降りの雨で45分も試合開始が遅れるなどピッチ状況も最悪。ロナウジーニョ、カカ、ロビーニョを擁するカナリア軍団も、こうした悪条件に苦しめられました。

ロナウジーニョがシュートを打つ場面もありましたが、最後までコロンビアの厚い守備を破ることが出来ず、結局は0-0のスコアレスドロー。

ロナウジーニョたちカナリア軍団がうつむき加減にピッチを去ったのと対照的に、コロンビアの選手たちは抱き合って喜びました。ブラジルにとっては痛いドロー発進となりました。


[READ MORE...]
ロナウジーニョ、4年連続でFIFA年間最優秀選手にノミネート! 【2007/10/14 07:15】 ロナウジーニョ

0708baratmad002.jpg


リーガ第7節はアトレティコ・マドリー戦(HOME)。バルサが苦手としている相手です。ところが今のバルサにはそんな苦手意識さえも克服する力強さがあります。

15分、右サイドを突破したメッシーのセンタリングを相手GKアッビアーティが処理を誤り、デコの足元に弾いてしまいました。デコはこれを押し込むだけ。思わぬ形でバルサ先制!

さらにその4分後、メッシーがロナウジーニョとのワンツーで抜け出し、左足を振り抜いてゴール!2-0!

このメッシーのゴールをアシストしたロナウジーニョの壁パスは見事の一言。ロニーらしさが光るワンプレーでした。以前から「点を決めるよりもアシストする方が好き」と公言してきたロニー。メッシーの得点能力が開花してきたので、ロニーのアシストの意識が高まっているのかもしれません。

こうしたチーム状況の変化を評して「バルサの王様はロナウジーニョからメッシーに変わった」という見方も出ているのですが、ファンとしては実に歯痒い。でもロニーのコンディションが上がるまでは我慢我慢。ゴールの意識も徐々に高まってくるでしょう。

試合終了直前にはジョバニのクロスをチャビが押し込み、3-0でバルサが完勝!

ところで先日、2007FIFA年間最優秀選手の候補者30名が発表されました。我らがバルサからは最多の7名が選出。ロナウジーニョ、メッシー、エトー、アンリ、デコ、マルケス、テュラムです。他チームからはカカ(ACミラン)、クリスティアーノ・ロナウド(マンU)など。

以下、ロナウジーニョのコメントの和訳です。

「カカが最優秀選手賞を受賞したら嬉しいよ。でも僕も(4年連続で)候補に選ばれて幸せだよ。同じレベルを保てていると認められた訳だからね」



ドス・サントス 「ロナウジーニョは常にスタメンでいるべき」 【2007/10/08 01:11】 ドス・サントス

ronnie-giovani-inter071007.jpg


ジョバニ・ドス・サントスが、憧れの存在であるロナウジーニョについて語っています。以下、ジョバニのコメントの和訳です。

「ロナウジーニョは常にスタメンでいるべきだよ」

「この件に関して議論の余地はないよ。彼はいつだってピッチ上で決定的な存在であることを示してきたからね」

ジョバニはバルサへの忠誠を誓っており、たとえスタメンを約束されたとしても他のクラブに移る意思がないと述べた。
「僕はいつも、このクラブに残ってトップチームのためにプレーすることを望んでいるよ」

「プレミアリーグのいくつかのチームが僕に興味を示してくれているようだけど、僕としてはバルサに残りたい。すでにバルサとは契約更新の交渉に入っているんだ」

「僕はユースチームにいた頃から、バルサには本当に感謝しているんだ。バルサは僕に色々なものを与えてくれたからね。トップチームでプレーする最初のシーズンだけど、有能な選手たちに囲まれてプレー出来ることを本当に嬉しく思うよ」



ロナウジーニョ復活・・・そして残留宣言! 【2007/10/03 22:54】 ロナウジーニョ

cl0708stubar001.jpg


CLグループリーグ・シュツットガルト戦(アウェー)が行われました。この試合から、ようやくロナウジーニョが復帰!怪我明けの選手は試合途中からの投入がセオリーですが、ライカールト監督は先発出場を選択。

いきなりの先発はさすがに荷が重かったか、ロナウジーニョの動きはまだ本調子とは言えず、キレやスピードが足りなかったように思います。ドリブルもほとんど見られず、すぐにバックパスする場面が目立ちました。

しかし、ロニーのパスの精度は非常に高く、決定的なスルーパスを何本も通していました。そして52分にはCKに合わせてロニーがヘディングシュート!これはGKの体に当たってしまいましたが、こぼれ球をプジョールが押し込み、バルサ先制!

怪我明けでも得点に絡むあたりは、さすがロナウジーニョ!ロニー本人もファンも、これで一安心といったところでしょうか。

67分にはアンリの折り返しからメッシーがシュートを決め、0-2!82分にはロニーに代えてボージャンを投入する余裕も見せ、そのまま2点差をつけてバルサが勝利!

しかし、この勝利の代償としてまたも怪我人を出してしまいました。試合開始直後の4分、マルケスが。そして代わって入ったプジョールも64分に負傷でベンチに下がりました。いくら層が厚いバルサといえど、ここまで怪我人が続くと厳しいものがあります。大きな不安を残す試合になってしまいました。

ところで、理不尽なバッシングに耐え、マスコミには堅く口を閉ざしてきたロナウジーニョ。シュツットガルト戦の前に地元紙「ムンド」のインタビューに応じ、ついに自らの思いを語りました。

20071003224511.jpg


以下、ロナウジーニョのコメントの和訳です。

「チェルシーやACミランには移籍しない。バルサに残りたい。それが僕の願いなんだ」

「(最近のバッシングや移籍の噂に)腹が立ったよ。僕はバルサで5シーズン目を迎えて、いつも同じように振る舞っているのに・・・。悩まされたけど、当然のことながら、人生はいつも素晴らしいことばかり起きる訳じゃない。このような状況でも、僕は自分がやるべきことに集中している。(バッシングに対する)答えはピッチ上で出すよ」

「新聞が僕に関して何か悪いことを書いた時には、いつでも僕を励ましてくれる人たちが大勢いる。バルセロナを故郷のように感じているよ」

「たとえすでに獲得したタイトルであっても、もう一度獲得したい。僕がバルサにいるのは素晴らしい才能を持った偉大な選手たちが揃っているからだよ。クラブの歴史に名を残すことの出来る選手たちがね」

ロナウジーニョは、英国人の建築家、ノーマン・フォスター氏の手によってカンプノウの改築が着工される2009年にもバルサでプレーしたいと語った。
「新しいカンプノウがお披露目されたら、チャンピオンズリーグなど多くのタイトルを獲得した上で大観衆の前に立ちたいね。素晴らしいチームだから多くのタイトルを獲得することが可能だよ」

「フォスター氏は僕の頭の中を覗いたのかな。彼はよりカラフルで、より楽しいスタジアムを建設しようとしている。僕の想像通りのスタジアムだし、新しい我が家のように感じているよ」


[READ MORE...]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。