プロフィール ×

マルク

Author:マルク
本館ブログへようこそ!
FCバルセロナ応援サイト
「バルセロ二スタという職業」
の管理人です。
当ブログはロナウジーニョの情報が中心。ゴー・アヘッド・イーグルス(オランダ2部)で現役復帰を果たしたマルク・オーフェルマウスの情報も載せています。


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

カレンダー ×
08 | 2007/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Link ×
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 ×

RSSフィード ×


 バルセロ二スタという職業 



スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロナウジーニョ、復帰まで秒読み段階 【2007/09/28 00:32】 ロナウジーニョ

0708ronnie0927001.jpg


ロナウジーニョはすでに練習場でトレーニングを再開しており、フィジカルトレーナーの指導の下、個人メニューを消化してコンディションの調整に励んでいます。右足太ももの怪我も順調に回復していて、リーガ第6節のレバンテ戦(アウェー)からの復帰が濃厚です。
※追記
残念ながらレバンテ戦のロナウジーニョ招集は見送られました。CL・シュツットガルト戦からの復帰になる見込み。

シュート練習もやったそうですから、怪我はもう大丈夫みたいですね。安心しました。

例の“ロナウジーニョ問題”は地元サポーターからの批判に止まらず、世界的規模の大騒動にまで発展してしまいました。この騒ぎに乗じてチェルシーのアブラモビッチ会長がロナウジーニョ獲得のために移籍金5800万ポンド(約134億円)、年俸1160万ポンド(約27億円)を用意していると報道されました。

ロニーの代理人(実兄のアシス氏)も「バルサ内でロナウジーニョを追い出す動きが横行しているのは確か」と発言するなど、この問題は今や移籍問題へと様相を変えました。

あのマスコミによる突然のロナウジーニョ批判は、バルサフロントの反ロニー派による仕業なのか?それともチェルシー側の仕業なのか?まだロニー獲得を諦めていないACミランも気になります。

真相は分かりませんが、背後に何かがあるのは確かです。クラブ内の派閥争い、もしくはクラブ間の争いに選手が巻き込まれることは往々にしてありますし、そうした駆け引きにマスコミが利用されることもまた珍しくないのです。

0708ronnie0927002.jpg


ただ、この混沌とした状況下でも希望の光が見えてきました。地元サポーターの声援です。サラゴサ戦では、ロニー復帰を待ち侘びるサポーターたちが横断幕を掲げ、「俺たちは待っているぞ!」とロニーへ温かいメッセージを送りました。さらにロニーコール(チャント)もカンプノウに響き渡り、バルセロニスタのロニーへの変わらぬ愛がそこにありました。

世界各国で様々な角度から報道され、収拾がつかない状態にあります。情けないことに私は、この一連の報道で色々と不安になってしまうのですが、それでもやはり変わらない想いがあります。ロナウジーニョ不在の中、勝利を重ねるバルサを目の当たりにしても、こう想うのです。

それでもバルサにはロナウジーニョのファンタジーが必要だと・・・。



スポンサーサイト
スペクタクル、再び・・・。 【2007/09/28 00:27】 メッシー

messi0708barzara001.jpg


メッシーの勢いは止まらない!

リーガ第5節・サラゴサ戦(ホーム)は4-1でバルサが圧勝!この大勝利の立役者は、またも2ゴールの活躍を見せたメッシーでした。

5分、アンリとのワンツーからメッシーがシュートを決め、バルサ先制!その4分後にサラゴサのサパテルに同点ゴールを決められたものの、そのわずか1分後には再びメッシーのゴールで2-1!試合開始から10分間で、この試合の大勢が決しました。

その後はバルサが完全にボールを支配し、スペクタクルに満ちたプレーを連発。対するサラゴサは成す術なく、何一つ打開策を見出せませんでした。

そしてメッシーに負けないくらいキレキレだったのはロナウジーニョに代わって左ウイングのポジションに入ったイニエスタ。縦横無尽にピッチを駆け回り、サラゴサを引っかき回していました。22分にはデコの決定的なパスをゴールに押し込み、今季リーガ初得点もマーク!

前半終了間際にはデコのFKからマルケスがヘッドで押し込んでダメ押し。後半は残念ながら無得点でしたが、そのまま4-1でバルサの勝利!

本当にここまで一体感のあるバルサを見るのは久し振り。3トップも含めて全員で守備し、全員で攻撃するという、まさにトータルフットボールを実行していました。

守備的MFのヤヤ・トゥーレの危険なタックルが気になりましたが(本当に無意味なプレーだった)、守備面での連係も安定感がありました。

以下、試合後のメッシーのコメントです。
「調子はかなりいいし、ゴールするっていう運にも恵まれている。ゴールは、自信や一連の流れみたいなものの問題なんだと思う。今は打ったシュートが全てゴールに入りそうな気がするよ」
Livedoorスポーツより抜粋)

打ったシュートが全てゴールに入りそうな気がする・・・

しかし、これは言い過ぎではありません。それぐらい今のメッシーの勢いはスゴイ!メッシーのスーパープレーがチームメートたちを鼓舞し、チームの一体感を高めています。


[READ MORE...]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。