プロフィール ×

マルク

Author:マルク
本館ブログへようこそ!
FCバルセロナ応援サイト
「バルセロ二スタという職業」
の管理人です。
当ブログはロナウジーニョの情報が中心。ゴー・アヘッド・イーグルス(オランダ2部)で現役復帰を果たしたマルク・オーフェルマウスの情報も載せています。


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

カレンダー ×
04 | 2007/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

Link ×
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 ×

RSSフィード ×


 バルセロ二スタという職業 



スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ロナウジーニョ、06-07最終決戦へ! 【2007/05/31 03:08】 ロナウジーニョ

20070531ronnie001.jpg


因縁浅からぬヘタフェ戦は波乱の展開に。開始からわずか2分でエトーのアシストからロナウジーニョが先制ゴール!バルサの楽勝かと思われたものの、ヘタフェが激しいファウルを連発。試合は悪い意味でヒートアップしていきました。

ベレンゲールに倒され、イラついたロナウジーニョが蹴り上げる仕草を見せ、審判はそれを報復行為と見なし、1発レッドで退場に。

試合はそのまま1-0で勝利したバルサでしたが、あまりに痛い代償を払う形になってしまいました。一時はリーガの残り2試合とも出場停止になるとの噂がありましたが、結局は第37節のエスパニョール戦のみの出場停止が決定しました。

リーガ最終節のヒムナスティック戦、ロナウジーニョの爆発を期待したいところです。

ところで、リーガ2試合の前に代表ウィークが挟まれます。ロナウジーニョはカカと共にコパ・アメリカの出場は免除されることになりましたが、今回の代表ウィークには召集され、国際親善マッチに出場します。ブラジルはイングランドと対戦しますが、イングランドにはあのスティーブン・ジェラードがいます。ロニーが手離しで絶賛するあの男です!

2人の対決が迫る今、ロニーがジェラードについて語ってくれています。

「ジェラードは世界でもベストな選手の1人だと思っているよ。彼のプレーには強烈なインパクトがある」

「中盤のポジションなら、彼は間違いなく世界でもベストな選手の1人だろうね。彼のプレーは本当に素晴らしいよ」

そして、なんとロナウジーニョは、日本代表でセルティックに所属している中村俊輔についてもメディアに対して語ってくれています。セルティックでの俊輔の活躍にはロニーも注目しているようです。

「中村は本当に優れた選手だよ。彼とは何度か対決しているんだ。オリンピックやコンフェデ杯などでね。だから彼の実力は良く知っているんだ」

「中村は中田英寿との連係が良かった。2人とも素晴らしい才能の持ち主で、僕の大好きな選手なんだ」



スポンサーサイト
ロナウジーニョ・TVゲーム ~FIFA 08~ 【2007/05/26 02:52】 ロナウジーニョ

fifa08ronnie001.jpg


TVゲーム「FIFA 08」のプレゼンテーションに参加したロナウジーニョ。記者会見に応じ、チーム状況やリーガ優勝の可能性について語りました。
※「 」内がロナウジーニョの発言です。

「レアル・マドリーがポイントを取りこぼしてくれることを願うよ。バルサが残りの3試合を全勝出来たら、優勝の可能性は大いにあるね」

チーム内にギクシャクした雰囲気があると噂されているが?
「控え室でも僕たちは団結しているし、良い雰囲気だと思うよ。僕たちは正しい方向に向かっているんじゃないかな。僕たちは皆、この状態を維持していくし、そうしていかなければいけない」

「僕はバルサの一員でいられてとても幸せだ。今はリーガタイトルを獲ることだけを考えているよ。残りの試合で良いプレーをし、優勝しなければいけない。将来のことを考えるのはその後だよ」

さて、ロナウジーニョは「FIFA 08」のPR大使のような役目(毎年やってるような?)。ソフトのパッケージにもロニーの写真が使用されることが確定的です。

このソフトはXbox360、PS2、PSP、ニンテンドーDS、そしてPS3とWiiにも対応し、世界中で発売されます。マルクはテレビゲームの類は一切やらないのでよく知らないですけど、この「FIFAシリーズ」は人気あるゲームみたいですね。



バルサ大暴れの巻 【2007/05/21 19:03】 FCバルセロナ

0607atmbar001.jpg


0-6!

バルサがアトレティコ・マドリーに大勝しました!あれほど苦手としていたアトレティコを相手に、しかも敵地でこのスコア!

メッシーが2ゴールの大活躍で、ザンブロッタ、エトー、ロナウジーニョ、イニエスタもそれぞれ1ゴールずつ。今までの鬱憤を晴らすかのようなゴールショーとなりました。

圧巻だったのは、やはりロナウジーニョのゴール。エトーとの見事なコンビネーションで挙げた得点です。「何かの陰謀か?」と穿ちたくなるほど不仲説の流れていた2人。でもボールを使って会話していたじゃないか!プライベートでどんなに仲が良くても、ピッチで呼吸が合わなければ意味がないのです。

2人ともスター選手だし、ましてやエトーは「一筋縄ではいかない男」。ピッチを下りても和気あいあいとするのは無理があるような・・・。付かず離れずのクールな関係でちょうど良いと思います。

さぁ、レアル・マドリーを追撃だ!まだリーガは終わっていない!

以下、試合後のロナウジーニョのコメントです。
「今日は僕たちがやらなければならなかったことが出来た。つまり、勝つということだ。残りの試合、リーガの最後まで今日のようなリズムを維持していくことが重要だと思う。今日は僕たちが強いということを証明することが出来たよ。これぞ人々が求めているバルサ本来の姿だ。この素晴らしいリズムをキープし続ける為に、僕たちは最後まで努力を続けていくよ」

0607atmbar002.jpg



[READ MORE...]
サビオラ、今後の去就を語る(前編) 【2007/05/08 02:46】 サビオラ

saviola0705081.jpg


4月30日、FIFA公式HPにサビオラのインタビューが掲載されました。
以下、マルクが和訳したものです。長いので前・後編に分けました。
※「 」内がサビオラの発言です。

今、あなたの動向に注目が集まっています。もしもバルサを去るとしたら、どのチームを選びますか?スペインに留まりますか?
「うん、スペインに残りたいね。スペインを愛しているからね。僕はバルセロナでほぼ6年間も過ごしたし、ここには多くの友人がいるからね。もし移籍を決断したとしたら、スペイン国内のチームを選ぶよ。この国の習慣や食べ物に慣れているし、僕は非常に満足しているんだ。ただ、海外に出るという選択肢はまだ残したい。イングランドやイタリアにも素晴らしいチームがあるから、今はまだ色々な選択肢を考慮したいんだ」

バルサでのあなたの状況については?
「モナコやセビージャに行く前の2シーズンはかなり良かったと思うよ。たくさんゴールを決めたし、コンディションも良かった。でもチーム自体はタイトルを獲得出来ず、全てがうまくいかなかった。バルサを去るとき、僕は少なくとも毅然とした態度を貫くことが出来たと思うよ。バルサに戻ってからは僕にとってあまり良いことはなかったね。今シーズンのスタートはほとんどプレー出来なかった。1月は出番が多くてファンタスティックな時期だったけれど、負傷していた選手たちが復帰したとたん、僕はまたベンチに引っ込められた。正直なところ、良い状況だとは言えないね」

今現在、あなたは十分に評価されていると思いますか?
「僕の出場試合数とゴール数を見るだけなら、重要な働きを出来ていると思う。でも約束が守られていないことはショックだ。契約を更新すると言われたのに、実行されていない。本当に傷付くよ。でも僕には素晴らしいファンやチームメートがいる。もしチームを去るとしても彼らのことは忘れないよ。移籍しないことになれば最良だけれどね」

バルサに復帰したことを後悔していますか?
「いや、全く。チームを去る時、復帰することだけが僕の願いだったからね。自分自身を鍛え直す良い機会だったと捉えているよ。復帰は僕自身で決めたことだし、どんな結果になろうとも受け入れるよ」

saviola0705082.jpg


アルゼンチン代表の話になりますが、新しい監督になり、フランスとのフレンドリーマッチでは勝利を決定づける重要なゴールを決めて注目を集めました。代表での状況は?
「それぞれクラブチームで活躍している選手たちで構成されている素晴らしい代表チームだよ。僕たちが団結した時、世界でもベストなチームになれると確信している。フランス戦は感触が良かったよ。強敵を相手に僕たちは良いプレーが出来た。もちろん僕自身も良いプレーが出来てゴールも決めたからね」

W杯ドイツ大会ではアルゼンチンは準々決勝で敗退しました。まだショックはありますか?
「W杯での敗退には悲痛な想いを抱いたよ。ドイツに敗れ去ったことは、とても悲しい出来事だった。けれども誰の責任でもない。僕たちは全力でプレーしたのだからね。それにPK戦で負けたことは一層ショックだった。これは常にそうだ。普通に負けるよりも辛い。結果をすんなりと受け入れる訳にはいかないよ」

アルゼンチンの人々は今でも、ドイツ戦であなたかメッシーのどちらかが出場していれば・・・と思っているようです。
「そうだね。あの試合の後、人々はメッシーか僕を出場させるべきだったと話していた。でもピッチに立っていたのはトッププレーヤーたちだったからね。僕たちはファンと同じように苦しんだし、自分たち自身を責める必要は無いと思う。正直な所、W杯での僕たちのプレーには非常に満足しているんだ」


後編を読む



サビオラ、今後の去就を語る(後編) 【2007/05/08 02:43】 サビオラ

saviola0705083.jpg


4月30日、FIFA公式HPにサビオラのインタビューが掲載されました。
以下、マルクが和訳したものです。長いので前・後編に分けました。
※「 」内がサビオラの発言です。

チームメートのメッシーについてですが、国王杯・ヘタフェ戦での彼の素晴らしいゴール(5人抜きのドリブル)を見ての感想は?
「かなりハッピーな気分になったよ。チームメートであるだけでなく、彼は僕の友人でもあるからね。あのゴールを見た者は何が起こったのか分からなくなったはずだよ。本当に驚いた。芸術的ゴールだよ。メッシーはクリスティアーノ・ロナウドと並んで世界でもベストな選手だよ」

人々はメッシーをマラドーナと比較していますが、こうした状況はあなたが若い時にも起こったことです。無用なプレッシャーを選手に与えるものではありませんか?
「それをプレッシャーと呼ぶべきかどうか分からないけど、重荷になりうるね。メディアが原因かもしれないけど、偉大な選手はいつだってキャリアの最初にマラドーナと比較されてしまうのさ。選手としての知性、戦術理解に関してマラドーナは独特で、生まれついての才能があったと思うね。メッシーはしっかりと地に足を着けているし、精神的にも力強い。彼ならプレッシャーなんて問題にしないよ」

あなたはマラドーナと友人です。最近、彼に起こっていることに関してどう感じていますか?
「他のアルゼンチン人と同様、僕もマラドーナを尊敬しているし、幸運にも彼と会える立場にある。彼の身に何かあれば心配になる。特に深刻なことであれば尚更だ」

saviola0705084.jpg


あなたはリーベル・プレートでアイドルの1人でした。ここ最近、優勝から遠ざかっているリーベルを見て辛い想いがあるのでは?
「喜ばしくない状況だね。リーベルでは素晴らしい経験をしたからね。第2の故郷のようなものだよ。リーグ優勝を経験し、得点王にもなり、何といってもプロデビューを果たしたチームだからね。低迷しているリーベルを見るのは辛いよ。出来る限り早く、元の強いチームに戻って欲しいね」

リーベル時代にあなたのパートナーであったパブロ・アイマールもスペインにやって来ましたが、期待されていたほど大きなインパクトを残せていないように思います。この原因については?
「彼は何度も負傷してしまい、試合に出るチャンスを逃している。代表のチームメートであり、友人でもある僕に言わせれば、彼のプレーは質が高く、スピードもある。どのチームでプレーしようとも絶対に活躍出来るはずなんだ。彼がチームにフィットした時、人々に感動を与えるだろうと確信しているよ。再び、彼と一緒にプレーしてみたいね。他のどの選手よりも彼のことをよく理解しているのは僕だ。彼の前途は明るいと思うよ」

最後の質問です。お子さんにプロのサッカー選手になって欲しいですか?
「分からないなぁ。難しいね。余計なプレッシャーが掛かるだろうし。人々は僕と比べたがるだろうからね。正直な所、何か他の道に進んで欲しいな(笑)」


前編に戻る







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。