プロフィール ×

マルク

Author:マルク
本館ブログへようこそ!
FCバルセロナ応援サイト
「バルセロ二スタという職業」
の管理人です。
当ブログはロナウジーニョの情報が中心。ゴー・アヘッド・イーグルス(オランダ2部)で現役復帰を果たしたマルク・オーフェルマウスの情報も載せています。


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

カレンダー ×
01 | 2006/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -

Link ×
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 ×

RSSフィード ×


 バルセロ二スタという職業 



スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CL05-06 チェルシー×FCバルセロナ 【2006/02/26 01:13】 05-06試合レポート

chelbar01.jpg




チェルシー 1-2 FCバルセロナ



【チェルシー出場メンバー】
GK:ツェフ
DF:フェレイラ、カルバーリョ、ジョン・テリー、デル・オルノ
MF:マケレレ、ランパード、グジョンセン
FW:ジョー・コール(40分→ジェレミ)、ロッベン(76分→ライト・フィリップス)、クレスポ(46分→ドログバ)

【FCバルセロナ】
GK:ビクトル・バルデス
DF:オレゲール、マルケス、プジョール、ファン・ブロンクホルスト(69分→シウビーニョ)
MF:エジミウソン、デコ(85分→イニエスタ)、モッタ(66分→ラーション)
FW:メッシー、エトー、ロナウジーニョ

【得点者】
チェルシー
59分:モッタ(オウンゴール)

FCバルセロナ
71分:ジョン・テリー(オウンゴール)
80分:エトー 



勝利至上主義、守備的サッカー、ファンタジー欠如の退屈な試合、悪質なファウル、過剰な商業主義・・・。現代サッカーを汚染しているこれらのマイナスの要素を全て兼ね備えたチームがロンドンにあります。そう、チェルシーです!

サッカー界の白アリともいうべきレアル・マドリードですら、全ての項目には当てはまりません。モウリーニョの常軌を逸した不遜な言動も相まって、チェルシーは完全に悪役であり、「スペクタクルと強さの両立」に挑み続けるバルサは正義の味方。

これほど分かりやすい構図があるでしょうか?正義の味方が負けることはあってはならないのです。

いざ、ロンドンへ悪者退治!

待っていたのはスタンフォード・ブリッジの最悪なピッチコンディション。バルサの速いパスワークを封じるための「水撒き」を敢行した模様。さすが悪者、やることが姑息です。



chelbar02.jpg



試合はこのピッチコンディションが影響したのか、最初は落ち着いた展開。エトーが徹底マークされ、ロナウジーニョもなかなか持ち味を出せません。しかし右ウイングで先発したメッシーがリーガでの活躍そのまままにロンドンで大暴れ!この若き天才の再三のドリブル突破に業を煮やしたデル・オルノが38分、愚かにも強烈な体当たり!



chelbar04.jpg



もちろん一発レッドで退場!チェルシーは10人での戦いを強いられることになります。これでバルサが優位に立ったはずでしたが、後半に入ってもなかなか得点を奪えません。

逆に59分、ランパードのFKから入ったクロスは、ジョン・テリーをマークしていたモッタに当たって痛恨のオウンゴール。チェルシーに先制ゴールを許してしまいました。

ライカールトはこのモッタに代え、ラーションを投入し、あくまで攻撃的サッカーを貫きます。この交代が攻を奏し、流れはバルサへ。71分、今度はロナウジーニョのFKが、ジョン・テリーの頭をかすめ、そのままゴールへ!同点!!

そして80分、勝負を決めたのは、それまで試合から消えていたこの男でした。ロナウジーニョの突破からラーションにパスが回ると、左サイドからマルケスがクロスで放り込み、エトーがヘディングシュートで逆転弾!!!



chelbar05.jpg



chelbar06.jpg



結局、このまま試合終了!バルサが敵地で1-2の逆転勝利を収めました。

まだ現代サッカー界にはスペクタクルが残っています。最後の希望、我らがバルサが、退屈の権化であるチェルシーを撃破したことは意義深いですね。

おっと、これはまだリベンジ第1章。よく言われるように、CLの1leg は1試合の前半。後半に何が起こるか分かりません。油断大敵ですね。昨年と同じ轍を踏まないようにしたいものです。

ただ、昨年と違うのは2leg がホームのカンプノウで行われること。バルサが圧倒的優位に立っているのは間違いありません。リベンジ第2章はどのような終わりを迎えるのでしょうか?




chelbar07.jpg





[READ MORE...]
スポンサーサイト
05-06 FCバルセロナ×ベティス 【2006/02/21 01:35】 05-06試合レポート

barbetis01.jpg




FCバルセロナ 5-1 ベティス



【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ビクトル・バルデス
DF:ベレッティ(65分→ガブリ)、プジョール、オレゲール、シウビーニョ
MF:エジミウソン、イニエスタ(69分→モッタ)、デコ
FW:ラーション(76分→メッシー)、エトー、ロナウジーニョ


【ベティス出場メンバー】
GK:ドブラス
DF:オスカル・ロペス、メッジ、フアニート、ルイス・フェルナンデス(46分→バレラ)
MF:アルス、リベラ、ホアキン、エドゥ、タルデリ(46分→ロベルト)
FW:ダニ


【得点者】
FCバルセロナ
17分:ラーション
29分:メッジ(オウンゴール)
34分:メッジ(オウンゴール)
59分:ロナウジーニョ
85分:メッシー

ベティス
62分:ホアキン




barbetis02.jpg



ロナウジーニョが帰って来た!

ロナウジーニョ、エトー、デコが織り成す攻撃はスペクタクルに満ちており、「お馴染みのバルサ」が復活!ここ数試合は鬱屈としていたバルセロ二スタたちのストレスは解消され、バルサも自信を取り戻したことでしょう。

やはりロナウジーニョはスーパーな男であり、バルサに欠かせぬ選手であることを改めて示しました。絶妙なパスとFKによりメッジのオウンゴールを2回も誘う「ツキ」をチームに呼び込み、さらにはGKの死角を付いたFKで正真正銘、自身でゴール!ラーションが決めた先制ゴールも、起点となったのはロニーのドリブルでした。



barbetis03.jpg



途中出場のメッシーもダメ押しの5点目を決め、攻撃力で終始、圧倒したバルサがベティスを粉砕。最高の形でスタンフォードブリッジに乗り込むことになりました。

さあ、リベンジの準備は整った!




barbetis04.jpg





オランダ2部・05-06 GAイーグルス×MVV Maastricht 【2006/02/19 00:39】 オーフェルマウス


GAイーグルス 1-1 MVV Maastricht



【GAイーグルス出場メンバー】 Opstelling GA Eagles
GK:Mikko Rahkamaa
DF:Marco Parnela, Alper Gobel, Michael Samuel, Ignacio Tuhuteru
MF:Sjors Brugge(90分→Rogier Wissink), Tim Gilissen, Pascal Heije
FW:Geoffrey Knijnenburg(85分→Johan Pater), Loic Loval, Diego Jongen


【MVV Maastricht 出場メンバー】 Opstelling MVV Maastricht
Serge van den Ban, Alex Bryssinck, Marc Kienle, Mark Luijpers, Raphael Supusepa, Miel Mans, Joas Siahaija, Damien Miceli, Harry Gommans, Drazen Brncic, Fabio Caracciolo


【得点者】 Score verloop
GAイーグルス
4分:Loic Loval

MVV Maastricht
11分:Drazen Brncic



オランダ2部・第28節、ホームにMVV Maastricht を迎えての一戦です。

不調続きのJohan Pater(ヨハン・ペーター)は危惧した通り、スタメン落ち。イーグルスは開始早々の4分にLoic Loval が先制ゴールを決め、幸先の良いスタート。Loval のゴールは本当に久し振りです。しかし直後の11分に同点ゴールを許し、その後は膠着状態。85分になってようやくヨハン・ペーターが投入されましたが、出場時間が短か過ぎて何も出来ず。結局は1-1のまま試合終了。

イーグルスは6試合連続で勝ち星がなく、順位も17位のままです。




gaemvv01.jpg

久し振りにLoic Loval(中央)がゴールを決めたが・・・



gaemvv02.jpg


gaemvv03.jpg


gaemvv04.jpg




[READ MORE...]
05-06 バレンシア×FCバルセロナ 【2006/02/16 02:37】 05-06試合レポート


バレンシア 1-0 FCバルセロナ



【バレンシア出場メンバー】
GK:カニサーレス
DF:ミゲル、アルビオル、ダビ・ナバーロ、モレッティ
MF:アルベルダ、バラハ、アングーロ(80分→ルフェテ)、アイマール(89分→ウーゴ・ビアーナ)、レゲイロ(85分→ファビオ・アウレリオ)
FW:ビジャ


【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ビクトル・バルデス
DF:オレゲール(56分→ベレッティ)、プジョール、マルケス、ファン・ブロンクホルスト
MF:エジミウソン、ファン・ボメル(71分→シウビーニョ)、イニエスタ
FW:ジュリ(42分→ラーション)、エトー、エスケーロ


【得点者】
バレンシア
43分:ビジャ



valenbar01.jpg




リーガ2連敗・・・。2位バレンシアと6ポイント差に。

拮抗した好ゲームでしたが、勝負を大きく左右したのは肉離れでジュリが前半42分に退いたこと。アルベルダ、バラハが待ち構える中盤センターを崩すのは至難の技であり、突破口はジュリのサイドアタックでした。事実、ジュリは効果的な動きを見せ、先制点を演出するのも時間の問題と思われたのですが・・・。

思わぬアクシデントでジュリが退き、直後にGKビクトル・バルデスが信じられないようなミスを犯しました。バックパスの処理を誤り、近くにいたビジャにプレゼントパス。バルサにとっては魔の時間帯でした。

主力を多く欠いてもバルサらしい攻撃的なサッカーを展開し、プジョール、マルケス、エジミウソンの働きでバレンシアのカウンターアタックを何度となく阻止しました。特に、気迫溢れるディフェンスを展開したプジョールのプレーが素晴らしかっただけに残念な敗戦となりました。




valenbar02.jpg





プジョール記者会見 ~05-06バレンシア戦に向けて~ 【2006/02/11 22:12】 プジョール


以下、バレンシア戦を目前に控えたプジョールの記者会見の模様です。

カルラス・プジョールは、メスタージャに乗り込んでのバレンシア戦が激闘になることは覚悟している。しかし、それでも彼はバルサが勝利して3ポイントを持ち帰ることを疑ってはいない。

「重要な試合だけれど、決定的な試合ではないよ。まだ多くの試合が残っている訳だし。ただ、ライバルとの直接対決での3ポイントは重要だね」

バルサのキャプテンは、もし両チームが本来の力を発揮すれば、サポーターたちは喜ぶだろうと信じている。

「僕達は攻撃的なサッカーが好きだし、バレンシアも同様のサッカーをするなら、素晴らしい試合になるはずだよ。ちょうど今、両チームとも好調を維持している訳だしね」


<キープレーヤーについて>
バレンシアは何人かのキープレーヤーを欠いてバルサ戦に臨むが、バレンシアにはその穴を埋めるだけの層の厚さがあるとプジョールは断言した。

「確かにマルチェナやクライファート、ミスタを欠いての試合になるけど、バレンシアは強力な戦力を備えているし、実際に彼ら抜きでも何試合も勝っているからね」

バルサもまた、ロナウジーニョを含め、チャビ、モッタなどスター選手を欠いての試合になる。しかも、肉離れを起こしたデコも欠場になる可能性がある。

「彼らは重要な選手だけれど、バルサには高いレベルの選手が大勢いるし、代わりにプレーする選手だって、うまくやるはずさ」

デコは土曜に診断を受けて、バレンシア戦に出場可能かどうか判断される。

「医師団がデコの足の具合を見ることになるけど、慎重になるべきだよ。もし大丈夫ならデコには出場して欲しいけど、少しでも異常があれば休むべきだ」


<ロナウジーニョ不在の準備>
国王杯でロナウジーニョがレッドカードを受けたことの見直しが却下され、バルサはロナウジーニョ抜きでバレンシア戦に臨むことになった。

「ロナウジーニョがプレー出来るかもしれない、と望みを持っていたけれど、結局は彼抜きで戦わざるを得なくなった。彼が出場出来ないことを想定して準備してきたけれど、もし出場可能ならどれだけ良かっただろう。彼はいつも素晴らしいプレーをするからね」

ビデオ判定でロナウジーニョの処分が取り消されるだろうと思っていただけに、この結果には驚いたとプジョールは語った。

「映像で残っている訳だし、処分を取り消すだろうと信じていたのに・・・。期待が裏切られてしまったよ」




valenpuyol001.jpg





オランダ2部・05-06 HFC Haarlem×GAイーグルス 【2006/02/08 02:07】 オーフェルマウス


HFC Haarlem 5-0 GAイーグルス



【HFC Haarlem 出場メンバー】 Opstelling HFC Haarlem
Erik Heyblok, Houssin Bezzai, Michael van der Kruis, Robert Jan Ravensbergen, Iwan Axwijk, Arturo ten Heuvel, Arnoud van Toor, Rodney Cairo(83分→Patrick Lokken), Hendrik van Beelen, Achmed Ahahaoui, Laurens ten Heuvel(66分→Geoffrey Verweij)



【GAイーグルス出場メンバー】 Opstelling GA Eagles
GK:Mikko Rahkamaa
DF:Coen Zwollo(46分→Ignacio Tuhuteru), Alper Gobel, Jesse Schotman, Sjors Brugge
MF:Tim Gilissen, Rogier Wissink, Pascal Heije
FW:Johan Pater(46分→Rence van der Wal), Geoffrey Knijnenburg, Diego Jongen(74分→Gerrit Bartels)



【得点者】 Score verloop
HFC Haarlem
13分、73分:Achmed Ahahaoui
14分:Hendrik van Beelen
59分:Rodney Cairo
87分:Geoffrey Verweij



オランダ2部・第27節。完敗です・・・。17位に後退。

気になるのはJohan Pater(ヨハン・ペーター)が前半だけで退いたこと。交代した相手はトップデビューを果たしたばかりのRence van der Wal です。バルサで言うところのメッシーのような存在ですね。ならばヨハン・ペーターは、さしずめジュリ。いよいよスタメンから陥落か?

しかしオーフェルマウスが獲得交渉に関わった選手ですから、何とか踏ん張って欲しいのですが・・・。




haalemgae01.jpg


haalemgae02.jpg


haalemgae03.jpg

ヨハン・ペーターのスタメン落ちは時間の問題?



[READ MORE...]
05-06 FCバルセロナ×アトレティコ・マドリード 【2006/02/07 00:35】 05-06試合レポート


FCバルセロナ 1-3 アトレティコ・マドリード



【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ビクトル・バルデス
DF:ガブリ、プジョール、オレゲール、シウビーニョ
MF:マルケス(74分→ファン・ブロンクホルスト)、ファン・ボメル(46分→エスケーロ)、イニエスタ
FW:メッシー(46分→ジュリ)、ラーション、デコ


【アトレティコ・マドリード出場メンバー】
GK:レオ・フランコ
DF:モリネロ、ペレア、パブロ、アントニオ・ロペス(89分→ガルシア・カルボ)
MF:リュクサン、イバガサ(86分→コルサ)、ガジェッティ、ペトロフ(71分→ガビ)
FW:マキシ、フェルナンド・トーレス


【得点者】
FCバルセロナ
65分:ラーション

アトレティコ・マドリード
32分、75分:フェルナンド・トーレス
47分:マキシ



baratle02.jpg

デコの奮闘むなしく完敗・・・。



公式戦の連勝ストップに続いて、リーガの連勝も14でストップ・・・。しかも前半で退いたメッシーは右足大腿二頭筋の軽い肉離れで約10日間の戦線離脱。次節のバレンシア戦の欠場が決定的です。ロナウジーニョも国王杯でのレッドカードにより、バレンシア戦は出場不可。リーガ戦線を独走してきたバルサですが、急に雲行きが怪しくなってきました。

アフリカ・ネーションズカップのカメルーン敗退は残念ですが、エトーのチーム復帰が早まったことがバルサにとっては救いです。




baratle01.jpg

やはりこの男はバルサキラーか?




05-06スペイン国王杯ベスト8 FCバルセロナ×サラゴサ 【2006/02/04 22:42】 05-06試合レポート

FCバルセロナ 2-1 サラゴサ


【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ジョルケラ
DF:オレゲール、マルケス(46分→シウビーニョ)、プジョール、ファン・ブロンクホルスト(79分→ファン・ボメル)
MF:エジミウソン、イニエスタ、デコ
FW:ジュリ(67分→ラーション)、ロナウジーニョ、メッシー


【サラゴサ】
GK:セサル
DF:ポンシオ、アウバロ、G・ミリート、トレド(68分→クアルテロ)
MF:サパテール(82分→ヘネレロ)、セラーデス(86分→モビージャ)、オスカル、カニ
FW:エベルトン、D・ミリート


【得点者】
FCバルセロナ
42分:メッシー
92分:ラーション

サラゴサ
66分:オスカル


copabarzara01.jpg


2-1で勝ったものの、1leg との合計得点でサラゴサを下回ったバルサが敗退。勝ち抜けば、レアル・マドリーとの対戦で、2月中にクラシコが連続で実現したのですが・・・。しかしチェルシー戦を控えているだけに、余計なエネルギー消費は避けたいところ。ポジティブに考えるなら、ここで負けて良かったのかもしれません。

ただ、選手たちも本来は「流して」プレーしたいカップ戦だったでしょうが、「やるからには優勝したい」という気持ちとの葛藤があったはず。瀬戸際に立たされたこの2leg は周囲の予想を遥かに超えた激闘となりました。

しかしバルサにとって痛かったのは38分にロナウジーニョが退場になったこと。激しいボディコンタクトに対し、1発レッドの厳しい判定。

それでも42分、ジュリのセンタリングをメッシーが頭で合わせて先制しますが、10人では追加点を決めて突き放すのが難しく、66分に痛恨の同点ゴールを許してしまいました。バルサはロスタイムにラーションが勝ち越し点を決めて意地を見せたのですが・・・。

返す返すもロナウジーニョの退場処分が残念です。

copabarzara02.jpg

ロニーが退場になってしまっては・・・。


copabarzara03.jpg


copabarzara04.jpg



[READ MORE...]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。