プロフィール ×

マルク

Author:マルク
本館ブログへようこそ!
FCバルセロナ応援サイト
「バルセロ二スタという職業」
の管理人です。
当ブログはロナウジーニョの情報が中心。ゴー・アヘッド・イーグルス(オランダ2部)で現役復帰を果たしたマルク・オーフェルマウスの情報も載せています。


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

カレンダー ×
12 | 2006/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Link ×
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 ×

RSSフィード ×


 バルセロ二スタという職業 



スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


試合レポートの簡易化 【2006/01/30 22:25】 お知らせ


個人的に多忙な時期に入っていまして、更新作業の時間が満足にとれない状況です。今後しばらくは、試合レポートを簡単なデータおよび画像のみとさせて頂きます(たまに短い文章を書きます)。

当ブログやゲストブックにコメントを書いて頂いても、お返事が遅れる、もしくは書けない可能性があります。申し訳ありませんが、ご了承下さい。また、本家サイトのリニューアル工事は少しずつ進めていくつもりです。


スポンサーサイト
05-06 マジョルカ×FCバルセロナ 【2006/01/30 22:12】 05-06試合レポート


mallobar03.jpg


マジョルカ 0-3 FCバルセロナ

【マジョルカ出場メンバー】
GK:モヤ
DF:コルテス、ヌネス、トゥッツィオ、フェルナンド・ナバーロ
MF:グティエレス、ドニ、ファリノス(78分→カンパーノ)、アランゴ
FW:大久保、ビクトル(78分→トゥニ)


【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ビクトル・バルデス
DF:オレゲール(84分→ガブリ)、マルケス、プジョール、シウビーニョ
MF:ファン・ボメル(53分→イニエスタ)、エジミウソン、デコ
FW:ジュリ、ラーション(73分→メッシー)、ロナウジーニョ


【得点者】
FCバルセロナ
39分:ジュリ
75分、83分:メッシー


国王杯での敗戦を引きずることもなく、リーガ第21節は労せずマジョルカに完勝。リーガの連勝は継続中で、14連勝です!しかし、この勝利の代償は大きく、次節のアトレティコ・マドリー戦はロナウジーニョ&エジミウソンがカードの累積で出場停止・・・。

mallobar001.jpg

メッシーの才能が爆発!


mallobar002.jpg



[READ MORE...]
05-06スペイン国王杯ベスト8 サラゴサ×FCバルセロナ 【2006/01/30 22:10】 05-06試合レポート

copazarabar01.jpg


サラゴサ 4-2 FCバルセロナ

【サラゴサ出場メンバー】
セサル、ポンシオ、アウバロ、ガブリエル・ミリート、トレド(81分→クアルテロ)、オスカル、セラーデス(76分→ヘネレロ)、サパテル、カニ(76分→セルヒオ・ガルシア)、エベルトン、ディエゴ・ミリート


【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ジョルケラ
DF:ベレッティ(59分→ガブリ)、マルケス、オレゲール、ファン・ブロンクホルスト
MF:エジミウソン、ファン・ボメル(59分→エスケーロ)、イニエスタ
FW:メッシー、ラーション(76分→マキシ・ロペス)、ロナウジーニョ


【得点者】
サラゴサ
23分、93分(PK):ディエゴ・ミリート
25分、27分:エベルトン

FCバルセロナ
37分:ラーション
61分:ロナウジーニョ(PK)


ついに公式戦の連勝が18でストップ・・・。

copazarabar02.jpg




オランダ2部・05-06 GAイーグルス×FC Zwolle 【2006/01/25 00:50】 オーフェルマウス


GAイーグルス 1-1 FC Zwolle

【GAイーグルス出場メンバー】 Opstelling GA Eagles
GK:Mikko Rahkamaa
DF:Marco Parnela, Coen Zwollo, Michael Samuel, Jesse Schotman
MF:Sjors Brugge, Tim Gilissen, Pascal Heije
FW:Johan Pater, Geoffrey Knijnenburg, Diego Jongen(71分→Rence van der Wal)


【FC Zwolle 出場メンバー】 Opstelling FC Zwolle
Diederik Boer, Hermen Hogenkamp, Remco Schol, Jos Hooiveld, Harvey Bisschop, Ivo Rossen, Jordy Zuidam, Santi Kolk, Stefan Jansen(82分→Dion Esajas), Charlie van den Ouweland(76分→Ivar van Dinteren), Tjeerd Korf


【得点者】 Score verloop
GAイーグルス
21分:Sjors Brugge

FC Zwolle
38分:Santi Kolk

gaezwolle001.jpg


オランダ2部の第26節、ホームにFC Zwolle を迎えての一戦です。どうやらダービーマッチのようで、観客も普段の倍近い4、656人も入りました。

警察による厳戒態勢が敷かれ、普段よりも物々しい雰囲気。試合前にはパラグライダーのアトラクションが行われ、これまた特別な試合であることが伝わってきます。

試合は21分、Sjors Brugge のゴールでイーグルスが先制します。しかし、38分に同点ゴールを決められ、結局は1-1のまま試合終了。

イーグルスは現在、15位です。どうやら、オランダ2部に降格の制度はないようですが(たとえ最下位でもオランダ2部のまま)、昇格は不可能な順位。来年につなげるためにも、少しづつ順位を上げて欲しいところ。

新加入のDiego Jongen は今節も不発でしたが、問題はJohan Pater(ヨハン・ペーター)です。新顔が続々と入ってきているのですから、もっと結果を出さないと・・・。生え抜きの若いRence van der Wal も前節に続いて途中出場を果たし、着々とスタメンを狙っています。

gaezwolle02.jpg


gaezwolle05.jpg

新加入のDiego Jongen


gaezwolle06.jpg

生え抜きのRence van der Wal


gaezwolle03.jpg

正念場のヨハン・ペーター



[READ MORE...]
05-06 FCバルセロナ×アラベス 【2006/01/24 02:15】 05-06試合レポート

FCバルセロナ 2-0 アラベス

【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ビクトル・バルデス
DF:オレゲール、マルケス、プジョール(85分→ベレッチ)、シウビーニョ
MF:エジミウソン、ファン・ボメル、イニエスタ
FW:ジュリ(84分→マキシ・ロペス)、ラーション(73分→メッシー)、ロナウジーニョ


【アラベス出場メンバー】
GK:コスタンソ
DF:エドゥ・アロンソ、サリエギ、フアニート、コロミーナ
MF:カルピンテーロ、ハンドロ、ゲオルギエフ(57分→エルトン)アロイージ、ネネ(70分→ルベン・ナバーロ)
FW:ボディーポ


【得点者】
FCバルセロナ
46分:ラーション
82分:メッシー

baralaves01.jpg


リーガ第20節、ホームでのアラベス戦です。エトーの代役としてラーションが起用され、さらにはジュリがスタメンで、メッシーはベンチスタート。ジュリのサイドからの崩しとラーションのフィニッシュに期待が掛かります。

しかし、アラベスも例の如く守備的な布陣でした。中盤でのプレッシングが甘いため、バルサお得意の流れるようなパスワークが何度も見られたものの、さすがに最終ラインは堅守。ラーションが徹底的にマークされ、バルサ優勢の試合展開ながらゴールだけが遠い状態に。

前半終盤にロナウジーニョのパスをファン・ボメルがスルー。ペナルティエリア内でジュリがフリーでボールを受け、決定的な得点チャンスを迎えます。しかし最初のボールコントロールをミスしたことが響いてシュートはGKに阻まれてしまいました。結局、0-0のまま前半を終えました。

後半開始早々の46分、早くもジュリに名誉挽回のチャンス!右サイドを駆け上がったジュリが低いクロスを入れ、これがGKコスタンソのミスを誘い、ラーションがこぼれ球を押し込んで先制!ジュリとラーションのコンビが生み出した得点です!
これでアラベスは意気消沈し、試合は完全にバルサペースに。早く追加点を決めて試合を決定付けたいところ。しかし、呪われているかのようにジュリのシュートはことごとくゴールバーやポストに嫌われ、決定力の無さをまたしても露呈してしまいました。

さらには68分にイニエスタが得たPKをキッカーのロナウジーニョが外してしまい、カンプノウに嫌なムードが漂います。ところが若き天才・メッシーが投入されると、追加点への期待感が一気に高まりました。

baralaves02.jpg


そして82分、メッシーが中央でドリブル突破を図り、左サイドのロナウジーニョにボールを預けます。ロニーはメッシーに触発されたかのように積極的にドリブルでペナルティエリアに侵入し、シュート!GKコスタンソは弾くのが精一杯。こぼれ球を詰めていたメッシーが豪快に押し込み、2-0!笑顔で抱き合うロナウジーニョメッシー!まさに黄金コンビだ!

こうなるとジュリに点を獲らせてあげたくなるのが人情。しかし焦りがあるためか何本打ってもシュートは決まらず。最後は苦笑いのジュリでした。84分にマキシ・ロペスと交代で下がるときには観衆から大拍手で迎えられました。ゴールは決められなかったものの、躍動感ある動きで攻撃陣を牽引してくれました。

結局、2-0でタイムアップ。これで公式戦18連勝を達成!2位のバレンシアとも10ポイント差に開いて独走態勢に入っています。

ロナウジーニョのプレーは全体的に低調でしたが、それでも得点に絡む活躍を見せるのはさすがです。そして、ここ数試合は手堅い試合運びだったバルサでしたが、久し振りにスペクタクルな試合を見せてくれました。

baralaves03.jpg


baralaves04.jpg



[READ MORE...]
ロナウジーニョ記者会見 ~05-06後半戦に向けて~ 【2006/01/19 18:30】 ロナウジーニョ

ronniehappytk01.jpg


以下、バルサ公式HPに掲載されたロナウジーニョの記者会見の模様です(※上記の画像はFIFA年間最優秀選手賞授賞式の会見時のもの)。

ロナウジーニョは今季の後半戦について語った。

「前半戦のようにうまくいくことを期待しているよ。これまで同様、前進あるのみだと思う。自分達のプレースタイルを維持して、限界までトレーニングしなきゃいけない。だからこそ、僕らは公式戦17連勝を達成できたんだ」

<バルサの哲学>
FIFAの年間最優秀選手に2年連続で輝いたロナウジーニョは、バルサのスタイルについてこう語った。
「守りに入るのではなく、いつも高い位置でプレーしようとする。誰もが知るように、僕らの試合では、ちょうど50メートルのスペースに21人の選手がいることになる。相手チームは守りに専念することになるんだ」

<スペインサッカーの激しさ>
ビルバオ戦は実に激しい試合となった。
「今日はファウルを何度も受けたけど、大丈夫だよ。マークの厳しいチームとの対戦で、タフな試合だった。でも僕らは自分たちのペースで試合をしたし、冷静さを失わなかった」

ロナウジーニョはリーガエスパニョーラに共通している激しいマークと、試合の行方を大きく左右する審判について言及した。

ただ、ロナウジーニョは、ビルバオのハビエル・クレメンテ監督によるエトーへの差別的発言が巻き起こした論争に付き合う気はないようだ。しかし、デコの退場処分についてかなり怒っていることは認めた。

「試合終了後は腹立たしい気持ちでピッチを去ったよ。デコは僕らにとって、とても大切な選手なのだから」

ronnieangerx.jpg


<エトー抜きの戦術>
アフリカ・ネーションズカップに出場するためにエトーが約1ヶ月も離脱するが、その影響について質問が飛んだ。
「ハッキリしているのは、このような状況下で代役を務める選手は複雑な立場になってしまうことだよ。エトーは大きな結果を残しているから、彼が抜けてしまうのは痛手だ。マキシ・ロペスやラーションに期待しているけどね」

もちろん、別の選択肢として、ロナウジーニョ自身がセンターフォワードを務めるという手もあるが?

「うん、問題はないよ。過去にもセンターフォワードをやった経験はあるからね」

また、カンプノウのピッチの芝の状態について聞かれると・・・
「状態は良くないね。改善されることを期待しているよ。でも、芝の状態は選手に怪我が多いことの原因ではないよ」

ronniehap01.jpg




リニューアル 【2006/01/19 16:49】 お知らせ

現在、本家サイトをリニューアル工事中です。といっても、背景色を変えたり、メニュー欄を全ページに追加する程度で、マイナーチェンジですけど・・・。当ブログもタイトル欄にバルサの集合写真を載せてみました。選手の顔が分かり難いですが(笑)。

しばらく工事が続くと思いますが、一時的に閲覧不可になるページがあるかもしれません。御了承下さい。

UEFAベストイレブン2005 【2006/01/17 15:57】 FCバルセロナ

UEFA(欧州サッカー連盟)が2005年度のベストイレブンを発表しました。公式HP上で行なわれるユーザー投票により選出され、今回は史上最多となる150万票以上が集まりました。

バルサからはロナウジーニョ、エトー、プジョールが選出されました!おめでとう!

ロニーとエトーの選出は当然として、プジョールが選ばれたのは嬉しいですね。過小評価されることの多かったプジョールですが、世界のサッカーファン達はしっかりと評価してくれている!


<2005年度ベストイレブン>

GK
ペトル・ツェフ(チェルシー)

DF
カフー(ミラン)
カルラス・プジョール(バルセロナ)
ジョン・テリー(チェルシー)
パオロ・マルディーニ(ミラン)

MF
ロナウジーニョ(バルセロナ)
ルイス・ガルシア(リバプール)
スティーブン・ジェラード(リバプール)
パべル・ネドべド(ユべントス)

FW
サミュエル・エトー(バルセロナ)
アンドリー・シェフチェンコ(ミラン)

uefa051101.jpg




メッシーの談話 ~05-06 FCバルセロナ×ビルバオ~ 【2006/01/17 14:01】 メッシー

以下、ビルバオ戦で大活躍したリオネル・メッシーの談話です。

「ついにゴール(今季2得点目)を決めることが出来たよ。ゴールを決めることは、いつだって素晴らしい経験だね」

「ビルバオは早い時間帯でリードを奪ってからは守備を固めてきた。僕たちがPKで同点に追い付いてからは、試合の主導権を握り返したけど」

「後半は『ホームでポイントは落とせない!』という気持ちでプレーしたよ」

「PKをゲットした場面は見ていなかったから、何が起こったのか分からなかったんだ」

「デコの退場は残念だよ。彼はバルサにとって非常に重要な選手なのだから」

「僕らにはエトーの不在を感じさせないだけの戦力がある。ラーション、マキシ・ロペス、エスケーロがいるんだからね。エトーが欠けるのは確かに問題だけど、大丈夫だと信じているよ」

messiathle01.jpg




05-06 FCバルセロナ×ビルバオ 【2006/01/16 17:47】 05-06試合レポート

FCバルセロナ 2-1 ビルバオ

【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ビクトル・バルデス
DF:オレゲール、マルケス、プジョール、ファン・ブロンクホルスト
MF:エジミウソン、ファン・ボメル(75分→イニエスタ)、デコ
FW:メッシー(82分→ラーション)、ロナウジーニョ、エトー


【アスレティック・ビルバオ出場メンバー】
GK:ラフエンテ
DF:ラクルス(53分→イアオラ)、ルイス・プリエト、ムリージョ、アモレビエタ、エスポシト
MF:グルペギ、オルバイス、エチェベリア、ジェステ(62分→ゲレーロ)
FW:ジョレンテ(62分→アドゥリス)


【得点者】
FCバルセロナ
37分:ロナウジーニョ(PK)
50分:メッシー

ビルバオ
15分:ジョレンテ


barathle01.jpg


リーガ第19節、ホームにビルバオを迎えての一戦。ちょうど前半戦を折り返す試合です。先日、モッタが練習中に右膝の半月板を損傷して6週間の離脱という、またしても負傷トラブルに見舞われたバルサ。

しかも、このビルバオ戦を最後にエトーがアフリカ・ネーションズカップに行ってしまうこともあり、チームやファンは少しばかりナーバスになっていたかもしれません。

カンプノウに乗り込んできたビルバオはバルサを非常に恐れており、5バックの超守備的陣形。ビルバオのクレメンテ監督はロナウジーニョにラクルスをマンマークで張り付かせ、キープレーヤーを封じます。

ひたすら耐える戦い方を選択したビルバオでしたが、15分にジェステからのセンタリングをジョレンテがヘッドで決め、少ないチャンスを活かすことに成功。思いがけずバルサが先制弾を許し、騒然とするカンプノウ。

しかし、ボール支配率で完全に上回ったバルサが徐々に攻撃のリズムを掴み、あとはゴールを決めるだけでした。そして37分、ペナルティエリア内でアモレビエタが痛恨のハンド。PKをロナウジーニョが決めて同点!

後半に入ると、バルサの攻撃が完全にトップギアに入ります。細かくパスをつないだ後、ロナウジーニョがセンタリングを入れ、オレゲールと競ったビルバオのDFがクリアしますが、これをファン・ボメルが強烈なシュート!辛うじてGKが弾きますが、詰めていたメッシーがこぼれ球を押し込み、逆転に成功!

barathle02.jpg


その後、バルサはペースを落としたため、追加点のチャンスもあまりなく、ただ時間だけが過ぎていきました。しかし終盤に入ると互いの選手のファウルと挑発的な行為がエスカレートします。そして、襟首をつかまれたデコがエキサイトし、グルペギと小競り合いを起こして一発レッドで退場処分に・・・。

そのまま2-1で試合終了。バルサは公式戦17連勝を達成し、2位オサスナとのポイント差を「7」に広げました。しかし、デコの退場やエトーが相手選手に唾を吐く場面もあり、かなり後味の悪い試合となってしまいました。エトーには何らかの処分が下される可能性があります。

しかし、これ以上ないくらい守備的なチームを相手にしても勝ったバルサ。まだまだ夢は終わらない!

barathle03.jpg



[READ MORE...]
オランダ2部・05-06 TOP Oss×GAイーグルス 【2006/01/16 00:06】 オーフェルマウス


TOP Oss 1-1 GAイーグルス

【TOP Oss 出場メンバー】 Opstelling TOP Oss
Wilko de Vogt, Maickel Ferrier, Niek Ripson, Leon van Dalen, Bart van Hintum, Dirk Schoofs, Reginald Faria, Mischa Rook, Martijn van Galen, Guillermo Zschüsschen(60分→Bert Zuurman), Marcel van der Sloot


【GAイーグルス出場メンバー】 Opstelling GA Eagles
GK:Mikko Rahkamaa
DF:Martijn Kuiper, Marco Parnela, Michael Samuel, Jesse Schotman
MF:Sjors Brugge(70分→Rogier Wissink), Tim Gilissen, Pascal Heije
FW:Johan Pater(75分→Rence van der Wal), Geoffrey Knijnenburg, Diego Jongen(87分→Ceriel Oosthout)


【得点者】 Score verloop
TOP Oss
3分:Marcel van der Sloot

GAイーグルス
17分:Marco Parnela


オランダ2部リーグが再開しました!第25節、ゴー・アヘッド・イーグルスの2006年、最初の相手はTOP Oss です。昨年末の2連敗の嫌な流れを断ち切るべく、気持ちも新たにアウェーに乗り込んだイーグルス。しかし、開始直後の3分に早くも先制弾を浴びました。

それでもすぐにMarco Parnela のゴールで追い付き、そのまま1-1の同点で試合終了。

移籍してきたばかりのMichael Samuel は本来はウイングの選手ですが、イーグルスではDF登録。サイドバックにコンバートされたようです。

gaervdwal01.jpg

Rence van der Wal

そして、イーグルス生え抜きの17歳、Rence van der Wal がトップチームデビューしました。ポジションはFW。これからの活躍に期待です!


diego01.jpg

Diego Jongen

また、オランダ1部のローダ(Roda JC)から移籍してきた新戦力のDiego Jongen がこの試合からイーグルスデビュー。22歳のFWです。
Diego Jongenの公式HP

イーグルス公式HPには今節の試合画像が掲載されませんでした。代わりに新戦力、Diego Jongen の画像をどうぞ!

diego02.jpg




05-06スペイン国王杯ベスト16 FCバルセロナ×サモーラ 【2006/01/12 15:49】 05-06試合レポート

FCバルセロナ 6-0 サモーラ


【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ジョルケラ
DF:ベレッティ、プジョール、モッタ(68分→ジョルディ)、ファン・ブロンクホルスト
MF:ガブリ(60分→ロドリー)、ファン・ボメル、イニエスタ
FW:ジュリ、ラーション、エスケーロ(60分→マキシ・ロペス)

【サモーラ出場メンバー】
ビチェス、ぺぺ、フアンル、サン・ミゲル、エレーラ、カンデラ、アベル、フアンフェル、エンキナス、エミリオ(68分→クリストバル)、ディエゴ・エレーラ(65分→ハビ・バジェステロス)

【得点者】
FCバルセロナ
1分:エスケーロ
19分、21分:ラーション
35分:モッタ
52分:ファン・ボメル
81分:マキシ・ロペス(PK)

barzamora02.jpg


国王杯ベスト16の第2戦(ホーム)です。相手は3部リーグのサモーラ。しかも第1戦で2点差をつけて勝ったこともあり、主力を温存しての試合となりました。

しかし、サッカーとは恐いもので、たとえビッグクラブであろうとも、メンバーを落としたり、モチベーションが下がると格下相手に思わぬ不覚をとるもの。スペインに限らず、各国のカップ戦は「波乱」が頻発します。

ただし、バルサはそうした「慢心」とは無縁。控え組にも実力者が揃っており、チーム力はあまりレべルダウンしません。しかも、控え組にとってはアピールのチャンスであり、「相手がどのチームであろうとも全力で勝利を目指す」という姿勢は揺るぎないものです。

はたして、試合開始からものの1分でエスケーロがゴール!早くも格の違いを見せ付けることに成功したバルサ。19分、21分にはラーションが連続でゴール!今季終了後にスウェーデンに帰国することを表明したラーションですが、変わらぬゴールへの渇望を見せてくれました。

35分にはコーナーキックからモッタがヘッドで合わせて4-0!前半で早くも勝負あり。

後半に入ってもバルサが試合の主導権を握り、52分、ファン・ボメルが復活弾を決め、試合終盤の81分にはマキシ・ロペスが得たPKを自ら決めて6-0で試合終了!2試合合計で9-1となり、バルサがベスト8進出!しかも公式戦16連勝です!1960-61シーズンにアルフレッド・ディステファノを擁したレアル・マドリーがリーグ15連勝という記録を残していますが、今回それを45年ぶりに更新したことになります。

barzamora01.jpg




テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ

オランダ2部・05-06 Heracles×GAイーグルス 【2006/01/10 15:33】 オーフェルマウス

Heracles 3-1 GAイーグルス


【Heracles 出場メンバー】 Opstelling Heracles
Martin Pieckenhagen(46分→Brian van Loo), Rudy Jansen, Nico-Jan Hoogma(46分→Jan Wuytens), Rob Maas, Mark Looms(62分→Marc Hocher), Stefaan Tanghe(46分→Remon de Vries), Xu Liang, Gert Jan Tamerus, Mika Nurmela, 平山相太(Sota Hirayama), Thijs Sluijter

【GAイーグルス出場メンバー】 Opstelling GA Eagles
GK:Jeffrey Brammer
DF:Jesse Schotman(46分→Francois Mevel), Marco Parnela, Coen Zwollo(86分→Leon Koopman)
MF:Michael Samuel, Sjors Brugge(60分→Ceriel Oosthout), Pascal Heije(60分→Ignacio Tuhuteru), Tim Gilissen(84分→Rogier Wissink)
FW:Geoffrey Knijnenburg(46分→Loic Loval), Johan Pater(60分→Gerrit Bartels), Ruud Bruns(46分→Rence van der Wal)

【得点者】
Heracles
38分:Xu Liang
84分:Tamerus
86分:Sluijter

GAイーグルス
3分:Sjors Brugge

sota-hirayama01.jpg

Sota Hirayama!


オランダ2部の再開は13日から。それに先立ち、イーグルスは1部のヘラクレス(Heracles)練習試合を行いました。ヘラクレスといえば、そう、平山相太(Sota Hirayama)が所属しているチームです!

イーグルスにとってはアウェー戦でしたが、試合開始直後の3分、Sjors Brugge が先制ゴールを決めて幸先の良いスタート。しかし、38分にはヘラクレスの中国人プレーヤー、Xu Liang に同点ゴールを決められ、試合終盤には2失点してしまい、結局3-1で負けてしまいました。

平山は先発でフル出場。ここまで好調をキープしており、チームの中心です。イーグルスも、平山にはかなり警戒していたようです。

試合後、平山は「マジ、きついっす。自分のところに厳しく来た」とコメントしました(笑)。チームにオーフェルマウスから助言はあったのでしょうか?「あの日本人には要注意だ!」と指示を出したのかも・・・と妄想してしまいます(爆)。

ところで、このリンク先のニュースでは、スコアが3-0になっています。

3-1ですから!イーグルスが先制しましたから!

逆転されたけど・・・。

なお、この試合には新加入のPascal Heije とMichael Samuel が先発出場しました。Michael Samuel は25才で、ポジションはウイング。この試合では左サイドハーフとして起用されたようです。まだ無名ですが、フル出場を果たし、評価も上々。これからに期待が持てます。

さて、当ブログはオランダからのアクセスが多いのです。平山が日本人であることをアピールしておきましょう。

Sota Hirayama!

JAPAN!


heracgae01.jpg

新加入のMichael Samuel


heracgae02.jpg




05-06 エスパニョール×FCバルセロナ 【2006/01/08 16:34】 05-06試合レポート

エスパニョール 1-2 FCバルセロナ


【エスパニョール出場メンバー】
GK:カメ二
DF:アルマンド・サー、ロポ、ジャルケ、ドミ
MF:エドゥアルド・コスタ、サパレタ(57分→ファン・フラン)、フレッドソン、デ・ラ・ペーニャ、ルイス・ガルシア(57分→コロミナス)
FW:タムード

【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ビクトル・バルデス
DF:ベレッティ、プジョール、オレゲール、ファン・ブロンクホルスト
MF:エジミウソン、デコ(57分→ファン・ボメル)、モッタ(86分→イニエスタ)
FW:メッシー(78分→ラーション)、エトー、ロナウジーニョ

【得点者】
エスパニョール
60分:タムード

FCバルセロナ
44分:デコ
47分:エトー

espabarca01.jpg


リーガが再開しました!2006年1発目は奇しくも、エスパニョールとのダービーマッチです。アウェーでの対戦でしたが、厳寒と雨降りによってスタジアムは空席だらけ。さほどアウェーの洗礼を浴びずに済んだのはバルサにとってはラッキーでした。

リーガの大半のチームがそうであるように、エスパニョールもまた、早いチェックでバルサのパスワークを封じ、スペースも与えてくれませんでした。しかし、そうした全力プレーが続くのは前半40分過ぎまで、というのも御馴染みの展開です。

ベレッティがGKカメ二と1対1の場面でシュートを止められるなど、なかなかゴールを奪えなかったバルサ。それでも前半終了間際の44分、ロナウジーニョがFKを得て、自らがキッカーに。ロニーのFKはカメニに弾かれてしまいましたが、こぼれ球をエジミウソンが拾ってデコへ。チェックに来た相手DF2人を細かいステップワークでかわしたデコは強烈なミドルシュート!決まった!ついにバルサが均衡を破りました!

espabarca02.jpg


最高の時間帯で先制点を奪ったバルサ。後半に入っても勢いは止まりません。後半開始直後の47分、攻撃体制に入っていたエスパニョールでしたが、エジミウソンにボールを奪取され、守備陣に乱れが出ました。その隙を見逃さなかったのがロナウジーニョです。絶妙のスルーパスをエトーに通し、ディフェンスラインをすり抜けたエトーが後輩カメ二からゴールを奪いました。エトーは今季18ゴール目!得点王ランキングを独走しており、アフリカ・ネーションズカップで抜けても得点王は間違いないでしょう。

60分にタムードのゴールを許し、追い付かれないか冷や冷やしたのですが、落ち着いて守り切ったバルサが1-2で勝利!これで公式戦15連勝の偉業達成です!

それにしてもエジミウソンの活躍には惚れ惚れしますね。試合中はロニー、エトー、メッシーの3トップにマルクの熱い視線(ただのミーハー・・・)が注がれているのですが、最近は、中盤の底で大活躍のエジミウソンに目を奪われることが多くなってきました。これはW杯行きが見えてきたかな?

あと、試合中にデコがモッタと接触して脳震盪を起こし、ファン・ボメルと交代して退いてしまいました。その後病院に運ばれ、経過観察のため24時間の入院を余儀なくされましたが、大事には至らなかったようです。良かった!

※追記
デコは試合の記憶を失っており、「誰と衝突したのか、モッタが見舞いに来てくれるまで知らなかった」と語っています。しかしながら、検査の結果、異常なしとの診断を受け、無事に退院しました。本日(9日)の練習に参加出来ますが、大事をとってチームとは別メニューになる予定。

espabarca03.jpg



[READ MORE...]
ペップがメキシコへ 【2006/01/06 16:30】 FCバルセロナ

正確無比の中距離パスと絶大なキャプテンシーで長きに渡り、バルサを牽引したのがジョセップ・グアルディオラ。バルサを退団後はイタリアのブレシアでプレー。その後はカタールに渡っていたのですが、冬の移籍シーズンにあたって、戦いの場をメキシコに移すことになりました。

メキシコのドラドス・デ・クリアカンというチームと今季終了までの契約を交わしました。背番号は「8」。ドラドスを選んだ理由の一つが、「監督がスペイン人のフアン・マヌエル・リージョであること」とペップ本人は認めています。また、「メキシコに来たのは観光目的ではなく、サッカーをするためだ。20歳の青年のような新鮮な気持ちでいる」とも。

新天地でのペップの活躍に期待しましょう!

guardioladora01.jpg




05-06スペイン国王杯ベスト16 サモーラ×FCバルセロナ 【2006/01/05 15:31】 05-06試合レポート

サモーラ 1-3 FCバルセロナ


【サモーラ出場メンバー】
ビチェス、クリストバル、カンデラ、フアンル、サン・ミゲル、エレーラ、シャコ、アベル(58分→ガルメンディア)、ハビ・バジェステロス(70分→フアンフェル)、キニ(55分→ディエゴ・エレーラ)、オマール

【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ジョルケラ
DF:ベレッティ、プジョール、オレゲール、シウビーニョ
MF:マルケス(89分→ロドリー)、ガブリ(62分→ファン・ボメル)、ファン・ブロンクホルスト(89分→クリスティアン)、
FW:ジュリ、エスケーロ、イニエスタ

【得点者】
サモーラ
5分:シャコ

FCバルセロナ
36分:ファン・ブロンクホルスト
80分:マルケス
84分:ジュリ


バルサの新年1発目の試合は国王杯ベスト16の第1戦(アウェー)。相手は3部リーグのサモーラです。

ロナウジーニョなど国外組は休暇の延長が認められ、試合前日にバルセロナに戻ったばかり。レギュラークラスを多く欠いて臨むことになりましたが、通常は控えに回っている選手にとっては、アピールする絶好の機会となります。

しかし、立ち上がりの5分、ディフェンスラインの乱れを衝かれて先制ゴールを格下のサモーラに奪われてしまいました。

それでもバルサは慌てることなく、試合の主導権を徐々に握っていきます。36分、マルケスのスルーパスをファン・ブロンクホルストが左足で決めて同点!

その後も何度となく得点機を作ったバルサでしたが、なかなか逆転ゴールを奪えませんでした。ようやく逆転に成功したのは試合終盤に入ってから。80分、マルケスのFKが直接決まって1-2!

後が無くなったサモーラは反撃を試みますが、バルサは逆にカウンター攻撃を仕掛け、ジュリが決めて勝負あり。これでバルサは公式戦14連勝です!

控えに回っている現状への不満を漏らし、今季終了後の移籍を示唆しているジュリですが、このゴールをきっかけにモチベーションを取り戻して欲しいところです。

また、この試合からファン・ボメルが復帰!チャビを欠いているバルサですが、心強い男が帰って来てくれました!

zamorabar001.jpg




テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ

クリスマス休暇の過ごし方 ~ロナウジーニョ編~ 【2006/01/05 00:58】 ロナウジーニョ

ronniecomic01.jpg


明けましておめでとうございます!本年もどうぞよろしくお願い致します。

ロナウジーニョは休暇を利用してブラジルに帰国し、サッカーから離れて心身を休めたはず・・・でしたが、マスコミが彼から離れる訳もなく、相変わらず多忙だったようです。

かねてから噂になっていたのがロナウジーニョをモデルにした漫画が描かれるということでした。12月28日、ロニーの生まれ故郷、ポルト・アレグレで制作発表会が行われ、ロニー自身が会場に姿を見せました。作者のマウリシオ・デ・ソウザ氏と共に写真撮影に応じ、PRに貢献。

この漫画は「キャプテン翼」のように、少年時代から描くようですが、タッチは「がんばれ!キッカーズ」風です(笑)。アメコミのようなクセはなく、日本人にも親しまれやすいタッチではないでしょうか。ぜひ日本語版を発売して欲しいですね。

また、NHKがロナウジーニョのドキュメンタリー番組の制作を準備中との情報が年末に飛び込んできました。W杯直前の5月に放送される見込みです。こちらも楽しみですね。

ronniecomic02.jpg



[READ MORE...]




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。