プロフィール ×

マルク

Author:マルク
本館ブログへようこそ!
FCバルセロナ応援サイト
「バルセロ二スタという職業」
の管理人です。
当ブログはロナウジーニョの情報が中心。ゴー・アヘッド・イーグルス(オランダ2部)で現役復帰を果たしたマルク・オーフェルマウスの情報も載せています。


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

カレンダー ×
09 | 2005/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Link ×
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 ×

RSSフィード ×


 バルセロ二スタという職業 



スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


プジョールの談話 ~05-06バルサ×マラガ~ 【2005/10/29 01:47】 プジョール

以下、マラガ戦後のプジョールの談話です。

「ロナウジーニョの(疑惑の)PKについて意見することは出来ないよ。僕は見ていなかったからね。いつも言っていることだけど、審判はとても難しいね。選手の動きは早いし、その判断が選手や観客にとって満足のいくものである時もあれば、気に入らない時もある」

「マラガは守備が良く組織されたチームで、審判への抗議は彼らの戦略の一部だろう」

「試合内容が評判になっているのはとても良い事だよ。僕らは一生懸命、良いプレーをしたからね。僕らには得点のチャンスが多くあったし、マラガの何人かの選手はフェアだった。彼らも良いプレーをしていたし、特にアルナウは絶好調だったね」

「満足しているけど、次節はもっと早くリズムを掴んで、楽な展開にしたいね」

「サッカーに失敗は付き物だけど、僕は気にしないよ。最も重要なことは点を獲ることだ」

 
barmal07.jpg





スポンサーサイト

テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ

05-06 FCバルセロナ×マラガ 【2005/10/28 19:15】 05-06試合レポート

FCバルセロナ 2-0 マラガ


【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ビクトル・バルデス
DF:オレゲール、プジョール、マルケス(46分→イニエスタ)、シウビーニョ
MF:エジミウソン、チャビ、ファン・ボメル
FW:ジュリ(62分→メッシー)、ロナウジーニョ、エトー(70分→ラーション)


【マラガ出場メンバー】
GK:アルナウ
DF:アレクシス、フェルナンド・サンス、セサル・ナバス、バルカルセ
MF:エドガル、ヘラルド、フアン・ロドリゲス、ナチョ(81分→イダルゴ)
FW:パブロ・コウニャゴ(75分→アンデルソン)、サルバ(73分→チェンゲ・モラレス)


【得点者】
FCバルセロナ
81分:ロナウジーニョ(PK)
88分:ラーション


スペイン代表のW杯プレーオフの影響で、第11節が繰上げでミッドウィークに行われました。ホームにマラガを迎えての一戦。

負傷した攻撃の要・デコに変わってファン・ボメルが先発。しかし、前節の勢いをそのままにバルサが終始、攻撃でマラガを圧倒。守備も問題なく、前半でマルケスが下がったものの、エジミウソンがCBに入ってイイ動きを見せていました。守備一辺倒のマラガはカウンター攻撃さえも満足に出来ていませんでした。

しかし、マラガの守護神で、元バルサのGK・アルナウが神がかりのセービングを連発!バルサは14度の決定機、12本のコーナーキックを得ながらも、なかなか得点出来ません。

ただ、内容は最高であったことから、カンプノウの観客からはバルサへのブーイングは起こらず、誰もが「得点の瞬間」を待ち侘びていました。

そして後半の終盤、ロナウジーニョが自陣からのドリブルで敵陣のぺナリティエリアまで侵入し、後ろから倒されてPKをゲット!シュミレーションであるとマラガは猛抗議するも判定は覆らず。ロナウジーニョはこれをキッチリと決めてリーガ公式戦100試合目を自ら祝いました。

さらにロニーは、エトーと交代で入ったラーションに絶妙なパスを出し、これをラーションがループシュート!アルナウのそれまでの集中力を無に帰すダメ押しのゴールを決め、2-0でバルサが勝利!

それまでバルサの面々が強いシュートを打ち続け、アルナウに止められていたので、経験豊かなラーションのループは非常に効果的でした。ラーションはこれで昨季の長期離脱以来、初のゴール。復活をアピールしました。

バルサは3位に浮上!2連敗のレアル・マドリード(白アリ軍団)は5位まで順位を落としています。もうすぐクラシコ!昨季の4-2の借りを返しておきましょう。



barmal01.jpg



barmal03.jpg



barmal04.jpg



barmal05.jpg




[READ MORE...]
オーフェルマウスの個人指導 【2005/10/27 06:03】 オーフェルマウス

GAイーグルスはリーグ戦が14戦3勝6敗5分け13位という散々な状況。しかも、1部と2部のチームによるノックアウト方式のGatorade Cup(ゲータレード・カップ)も先日、3回戦で敗退。チームの状態は下降線の一途をたどっています。

そうした中、何とかしてチームを立て直すべく、「彼」が本格始動です!マルク・オーフェルマウスがイーグルスの主要選手の個人練習を指導することになりました。選手のテクニックを向上させることが期待されています。

いつもお世話になっている「Eper Eagles Supporters」が情報源ですが、当然オランダ語。正確な和訳は私には不可能ですが、翻訳サイトを使うことで上記のようなニュアンスは辛うじて読み取れました。

今までは役員やキッズ部門のコーチ、イベントのゲストなど、スター選手としての広報的な役割が主で、真剣勝負の舞台からは少し距離を置いていたオーフェルマウス。しかし、今後はより責任が増します。先日も書いたように、不振の続くヨハン・ペーターに雷を落として(笑)、ビシビシと鍛えて欲しいですね。伝説のウィンガー、オーフェルマウスに指導してもらえるイーグルスの選手達は幸せ者です!


coachmarc01.jpg





GAイーグルスとマルク・オーフェルマウス 【2005/10/25 17:31】 オーフェルマウス

本家サイトの以前からの常連の方はともかく、新しく来訪された方にしてみれば、バルサ系ブログでなぜオランダ2部のGAイーグルスがレポートされているのか、不思議に思うかもしれません。ブログを移転したばかりですし、ここで改めて経緯をまとめておきたいと思います。

まずはコチラのページ最下部をご覧下さい。


さらにはジオログの2005年4月19日(火)の記事をご覧頂くと、当時の臨場感が伝わると思います。

そうです、「バルサの翼」ことMarc Overmars (マルク・オーフェルマウス)は古巣であるGo Ahead Eagles (ゴー・アヘッド・イーグルス)に戻り、役員およびテクニカルスタッフを担当しています。イーグルス公式HPの役員の欄には名前が明記されていますし、時折ニュース記事で近況が報じられることもあるので公式HPは要チェックです。オランダ語ですけど(笑)。

私はカンプノウを疾走するオーフェルマウスに魅了され、00-01シーズンからのバルセロ二スタです。2004年12月にファンサイトを開設するにあたり、決意したことは21世紀・最高のファンタジスタになるであろうロナウジーニョ、そして伝説のウィンガーになるであろうオーフェルマウスの魅力を伝えていくこと!

ですから、バルサ系サイトとはいえ、オーフェルマウスの引退後もフォローし、彼が戻ったイーグルスを応援することは私にとっては自然なこと。イーグルスは彼がプロデビューしたチーム(当時は2部)。戻ったのは恩返しの気持ちがあるからでしょう。FWのヨハン・ペーターの獲得交渉に臨むなど役員として辣腕を振るうと同時に、チーム練習にも顔を出します。


paterga.jpg

期待のFW、Johan Pater



さらには子どもの育成にも熱心。イーグルスのキッズ部門だけではなく、彼が14才まで在籍していたSV Epe (アマチュアチーム)のキッズ部門のサッカー教室でコーチをすることもしばしば。

ライカールトやファン・バステンのように華々しく監督としてサッカー界に戻って来ることを期待したファンも多く、今の仕事を「地味だ」と思っている人もいるようです。しかし、自分の原点に恩返しをして、未来のサッカー選手を育てているオーフェルマウス。素晴らしい男だと私は思います。

皆さんも、ぜひバルサと共に、GAイーグルスを応援して下さいね!

なお、リンク欄でも紹介していますが、イーグルスのファンサイト「Eper Eagles Supporters」はオランダ本国のサポーターが運営。今年8月には私のサイトと相互リンクが実現!写真が豊富ですから、オランダ語が分からなくても楽しめます。


gaover001.jpg





2005年バロンドール候補発表 【2005/10/25 07:30】 FCバルセロナ

10月24日、フランスのサッカー雑誌「France Football」が2005年欧州最優秀選手50名を発表しました。その中には我らがFCバルセロナから5名がノミネート!

ロナウジーニョ、エトー、デコ、チャビ、ファン・ボメルです。この中から受賞者が出るとイイですね。特に嬉しいのはチャビのノミネート。トップチームに上がったばかりで自信なさげにプレーしていた頃を知るだけに、「よくぞここまで成長したものだ」と感慨深いものがあります。今や自分自身のプレースタイルを確立し、ペップ・グアルディオラと比較するような批評は皆無です。

しかし、納得がいかないのはプジョールが選ばれていないこと。彼ほど1対1に強く、判断力の優れたDFはいないと思うのですが・・・。欧州の記者連中は過小評価しすぎ!

バロンドールは実績からいくと、あの男が選ばれるのかな?とも思いますが、バルサ5人衆からの選出を祈ります。願わくば、昨年3位だったロナウジーニョに栄誉を!


barnomi01.jpg



barnomi02.jpg



barnomi03.jpg



barnomi04.jpg





オランダ2部・05-06 GAイーグルス×De Graafschap 【2005/10/25 06:25】 オーフェルマウス

GAイーグルス 1-2 De Graafschap


【GAイーグルス出場メンバー】 Opstelling GA Eagles
GK:Mikko Rahkamaa
DF:Martijn Kuiper(70分→Coen Zwollo), Marco Parnela, Alper Gobel(46分→Rogier Wissink), Jesse Schotman
MF:Ignacio Tuhuteru(70分→Gerrit Bartels), Sjors Brugge, Tim Gilissen
FW:Johan Pater, Geoffrey Knijnenburg, Loic Loval


【De Graafschap出場メンバー】 Opstelling De Graafschap
Jimmy van Fessem, Rene Bot,Joost, Volmer,Sander Duits, Jory ten Brinke, Reinier Robbemond, Rogier Meijer, Joep van den Ouweland(71分→Richard Roelofsen), Donny de Groot(80分→Cihan Yalcin), Richard Haklander(46分→Yannick Salem), Patrick Ax



【得点者】 Score verloop
GAイーグルス
50分:Loic Loval

De Graafschap
25分:Patrick Ax
57分:Yannick Salem



オランダ2部・第14節、相手は昨季まで1部だったデ・フラーフスハプ。ホームながら難しい試合になることが予想されました。

前半に先制されるも後半開始早々、FWのLoic Loval が同点ゴール。しかし、すぐさま勝ち越しゴールを決められ、今度は追い付けず。2連敗です。順位は何とか13位のままですが、このままでは降格争いに巻き込まれてしまいます。

不振からの脱出のカギはFWのヨハン・ペーターが握っている・・・はずなのですが、14試合で1得点。そろそろオーフェルマウスに雷を落としてもらいましょう!



gaegra01.jpg



gaegra02.jpg



gaegra03.jpg

敗戦に涙するLoval (右側はMike Snoei 監督)




05-06 FCバルセロナ×オサスナ 【2005/10/24 05:03】 05-06試合レポート

FCバルセロナ 3-0 オサスナ


【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ビクトル・バルデス
DF:ベレッチ(21分→エジミウソン)、プジョール、オレゲール、シウビーニョ
MF:マルケス、チャビ、デコ(38分→ファン・ボメル)
FW:メッシー、ロナウジーニョ、エトー(80分→ジュリ)


【オサスナ出場メンバー】
GK:リカルド
DF:イスキエルド、クルチャガ、ホセチョ、クラベーロ
MF:プニャル、ムニョス(56分→ウェボ)、バルド、ラウル・ガルシア、デルポルテ(60分→モハ)
FW:ミロシェビッチ(66分→ダビ・ロペス)


【得点者】
FCバルセロナ
46分、53分:エトー
88分:ジュリ



barosa01.jpg



リーガ第8節、ホームでのオサスナ戦はバルサ復活を感じさせてくれる試合であり、不安定な戦いぶりに苛立っていた我々バルセロ二スタを大いに満足させるものでした。

今節、ついにメッシーがリーガ初スタメン!怪我から回復したばかりのジュリに代わって右ウイングの位置へ。昨季のリーガ優勝を経て主要選手の長期契約、怪我人の復帰、昨季とほぼ同じ顔ぶれ等々によりチーム内に弛緩した空気が漂っていたはず。再びチームに緊張感をもたらすためには「刺激」が必要。その刺激がメッシーだったのです。

試合は前半、オサスナがロナウジーニョなどバルサの中心選手にマンマークの守備をして、1トップのミロシェビッチを残し、ほぼ全員守備の状態。ベレッティが右足ふくらばぎを痛め、さらにはデコが左足の外転筋を痛めて相次いで交代(なお、ベレッティは1ヵ月半、デコは3週間欠場の見込み。ベレッティのクラシコ出場は不可能に)。嫌な流れとなってバルサは攻撃の形を作れず、無得点のまま後半へ。

そして後半立ち上がりに奇襲を仕掛けたバルサ。メッシーが高速ドリブルでペナルティエリアに侵入し、GKをかわしてシュート!惜しくも枠外でしたが、DFホセチョが懸命に足を伸ばしてクリアしたためにコーナーキックのチャンス。キッカーのロナウジーニョが入れたボールをエトーがヘッドで決めて先制!

さらに53分にはシウビーニョがロナウジーニョの巧みなパスのフォローを受けて左サイドを攻め上がる!低いクロスを入れるとGKが弾き、詰めていたエトーが押し込んで2-0!

さらにバルサの怒涛の攻めが続きます。特にメッシーはどんなパスでもピタリと自分の足元に収め、すぐにトップスピードとなるドリブルでオサスナゴールを何度も脅かしました。ボールを持たせたらファウルで止めるしか手立てがありません。ぺナリティエリアで確実に足を蹴られた場面がありましたが、能無しレフェリーは逆にシュミレーションの反則をとってメッシーにイエロー。完全にメッシーに魅了されたカンプノウの観客からは当然、大ブーイング!

バルサにはロナウジーニョ以外にも、18才の若きファンタジスタがいたのです!しかしながら「メッシー・デー」にしないのがバルサの凄さ。「僕を忘れてもらっちゃ困るよ!」とばかりに元祖ファンタジスタ・ロナウジーニョも果敢にドリブルで攻め上がり、超絶テクニックと同時にボディバランスの良さ、フィジカルの強さも披露してくれました。

そしてメッシーのポジション争いの相手、ジュリは終盤の80分に途中出場するとロニーの背中でのパスに反応し、ダメ押しの得点を決めて「そう簡単にポジションは渡さない!」という先輩の意地を見せてくれました。

メッシーという劇薬がもたらしたバルサの変化。再びバルサが王者の風格を取り戻すキッカケを作ったのです。チームの空気を一変させてしまったこの若者に世界中が注目しています。


barosa02.jpg



barosa03.jpg



barosa07.jpg



barosa08.jpg




[READ MORE...]

テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ

エトー・ユニセフ親善大使 【2005/10/22 18:31】 エトー

unicefeto001.jpg



今年3月にUNICEF(ユニセフ)親善大使に任命されたエトーですが、10月21日、改めてユニセフから親善大使のバッジが授与されました。自身の背番号「9」がプリントされたTシャツもプレゼントされ、それを着てカンプノウでの記者会見に臨みました。

アフリカの貧しく、恵まれない子ども達のために立ち上がったエトー。今後は子ども達の模範となり、子ども達の声を代弁していくことが求められます。


テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ

ロナウジーニョ・TVゲーム「FIFA06」 【2005/10/21 18:21】 ロナウジーニョ

3941rgame01.jpg



10月20日、カンプノウでTVゲーム「FIFA06」のプレゼンテーションが行われ、ロナウジーニョが出席。販促PR活動を行いました。

先日、ACミランのネスタが左手首から親指にかけて腱鞘炎になり、手術を余儀なくされましたが、その理由はTVゲームのやり過ぎである、と噂になりました。合宿中の息抜きに重宝されるのがTVゲーム。熱中するサッカー選手も多いようですが・・・。

くれぐれも、やり過ぎには注意!



テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ

CL05-06 パナシナイコス×FCバルセロナ 【2005/10/21 02:54】 05-06試合レポート

パナシナイコス 0-0 FCバルセロナ


【パナシナイコス出場メンバー】
GK:ガリノビッチ
DF:ビントラ、ビスチャン、モリス、ダルラス
MF:フラービオ・コンセイソン、ニルション、シェリッチ(88分→ウーター)、エセキエル・ゴンザレス(76分→ディミトリオス・パパドプロス)
FW:マンジオス、トルゲル(59分→レオンティウ)


【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ビクトル・バルデス
DF:ベレッチ、プジョール、マルケス、ファン・ブロンクホルスト
MF:チャビ(76分→イニエスタ)、ファン・ボメル(56分→モッタ)、デコ
FW:ラーション(67分→メッシー)、エトー、ロナウジーニョ



eba68197e9ffc4f80a.jpg



チャンピオンズリーグのグループリーグ第3節、アウェーでのパナシナイコス戦。これがバルサにとってCL100試合目に当たるメモリアルな試合であり、勝利で飾りたいところでしたが、精彩を欠いてスコアレスドロー。

残念ながらCLを視聴出来ないので未見ですが、枠内シュートが3本(エトー2本、ジオ1本)ですから、徹底的に押さえ込まれた形でしょう。当初、メッシーの先発が予告されていたので期待していたのですが、急遽ラーションに変更。アウェーであることから、ライカールトはラーションの経験に賭けたのでしょうが・・・。この選択が裏目に出てしまいました。ロナウジーニョも目立った活躍は出来なかったようです。

むしろ活躍したのはDF陣とGKのようで、特にセンターバックを務めたマルケスのプレーは高評価です。以下、マルケスの談話。

「勝ち点を獲るために俺達は良い試合をしたと思う。ディフェンスに力を入れたけど、アウェーで試合をする時には重要なことだ。あと1勝で次のラウンドに進めるだろうね。今回の試合にはチームメートも皆、満足しているはずさ。ただ、攻撃面を少し修正する必要があるね」


1201282670.jpg




[READ MORE...]

テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ

オランダ2部・05-06 MVV Maastricht×GAイーグルス 【2005/10/20 01:45】 オーフェルマウス

MVV Maastricht 1-0 GAイーグルス


【MVV Maastricht出場メンバー】 Opstelling MVV Maastricht
Serge van den Ban, Alex Bryssinck, Laurent Castelana(81分→Raphael Supusepa), Mark Luijpers, Sjoerd Winkens, Tom van Bergen(57分→Fabio Caracciol), Joas Siahaija, Damien Miceli, Harry Gommans(90分→Kristof Aelbrecht), Drazen Brncic, Ibad Muhamadu


【GAイーグルス出場メンバー】 Opstelling GA Eagles
GK:Mikko Rahkamaa
DF:Martijn Kuiper, Marco Parnela(83分→Gerrit Bartels), Menno Willems(75分→Ruud Bruns), Ceriel Oosthout(61分→Geoffrey Knijnenburg)
MF:Jesse Schotman, Ignacio Tuhuteru, Sjors Brugge
FW:Tim Gilissen, Johan Pater, Loic Loval


【得点者】 Score verloop
MVV Maastricht
52分:Harry Gommans


mvv-gae01.jpg


mvv-gae02.jpg



アウェーで1-0で敗れ、13戦3勝5敗5分け13位という成績になってしまいました。期待のFW、ヨハン・ペーターがここまで1得点というのが響いていると思われます。獲得交渉に関わったオーフェルマウスも気が気ではないでしょう。頼むぜ、ペーター!

次節は、昨季まで1部にいたデ・フラーフスハプをホームで迎え撃ちます。強敵ですが、勝って欲しい!今、選手たちに必要なのは自信です!


mvv-gae003.jpg


mvv-gae004.jpg





05-06 デポルティーボ×FCバルセロナ 【2005/10/18 21:55】 05-06試合レポート

デポルティーボ 3-3 FCバルセロナ


【デポルティーボ・ラ・コルーニャ出場メンバー】
GK:モリーナ
DF:マヌエル・パブロ、コロッチーニ、アンドラーデ(34分→フアンマ)、カプデビージャ
MF:セルヒオ、ドゥシェール、デ・グスマン、ムニティス、バレロン(57分→ルベン)
FW:トリスタン(53分→タボルダ)


【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:バルデス
DF:ベレッチ、プジョール、オレゲール、シウビーニョ
MF:マルケス(46分→エジミウソン)、チャビ、デコ
FW:ジュリ(75分→エスケーロ)、エトー、ロナウジーニョ


【得点者】
デポルティーボ
10分:バレロン
72分:ムニティス
86分:ルベン

FCバルセロナ
41分:エトー
45分、52分(PK):ロナウジーニョ



デポルティーボとアウェーで激突したバルサ。ライカールトの試合後のコメントを引用すれば、「あの展開なら普通は勝つ」だろうと思えるような試合でした。しかし、またも勝ちきれず、ドロー。勝ち点2を失うためにリアソールまで出掛けたようなもの。

試合序盤は拮抗しており、アウェーのバルサがボールポゼッションで上回ったものの、ボールを持たされている印象。嫌な予感は的中、今節キレキレのムニティスのミドルシュートがポストに当たり、跳ね返りをバレロンに押し込まれ、先制されてしまいます。

しかし、まだ試合は序盤。代表戦を挟み、昨季のような闘志を取り戻したバルサは堅守を誇るデポルのDF陣を崩しに掛かります。その試みが実ったのは41分。ロナウジーニョのパスから、ペナルティエリアでエトーとデコがワンツー。フィニッシュはエトー!強烈な右足シュートで同点!

そして次はロナウジーニョの番でした。45分、カウンター攻撃でエトーが右サイドを駆け上がり、クロスを入れます。走り込んできたジュリがこれをスルー。ロナウジーニョにボールが渡ります。すかさず名ディフェンダー、マヌエル・パブロがチェック!空気が張り詰める会場!昨季・CLチェルシー戦で見せたサンバゴールを狙うか?それとも昨季のリーガ優勝をほぼ決定付けたアウェーのバレンシア戦で見せたノンステップシュートか?

果たして、ロニーが選択したのは、サンバを思わせる腰ふりフェイント!チェルシー戦法か!そう誰もが思った瞬間、ロニーはドリブル開始!完全に反応が遅れたマヌエル・パブロを置き去り!そして間髪入れずに右足でシュート!意表を突かれたGKモリーナは全く対処出来ず、前半のうちに1-2!逆転に成功!

dep1.jpg

サンバフェイントからの見事な切り返し!

dep2.jpg

決まった!逆転に成功!


このゴールシーンを見て私は確信しました。ロナウジーニョはまだ発展途上にあるのだと!まだまだ進化を続けているロニー。底がまるで見えない本物の天才です。

さて、後半に入ると完全にバルサペース。52分にはデコが得たPKをロナウジーニョが決め、1-3!特筆すべきは、いつもならPKは左隅を狙ってきたロニーですが、今回は右を狙ってきたことです。この心理戦における工夫も進化の証。

試合の方は2点差に安心したバルサが早くから「流し」てしまい、手痛いシッペ返し。結局、乱打戦となった今節は3-3のドロー。勝ち切れないバルサに対して不安はありますが、ロニーだけでなく、デコにも復調の兆しが見えたこと、そして見事なパスワークによる連係が復活したことは今後の戦いへ向けての好材料です。


dep3.jpg



dep4.jpg



dep5.jpg




テーマ:FCバルセロナ - ジャンル:スポーツ

移転しました 【2005/10/18 21:53】 お知らせ

突然ですが、ブログをドリコムからFC2に変えました。あまりに重いし、サーバーエラーが頻発し、メンテナンス工事が多い割には一向に改善が見られません。私だけならまだしも、訪問者の方々にこれ以上、ご迷惑を掛ける訳にはいきません。そこで、移転を決心した次第です。

なお、ドリコムの方は更新を停止しますが、「OLD BLOG」としてHPのトップにリンクを貼り、閲覧可能の状態にしておきます。ただし、コメント、トラックバックは新しい当ブログの方へお願い致します。

当ブログはこれまで通り、バルサおよびGAイーグルスの試合リポートを中心に書いていきます。携帯からもアクセス可能になりました。アドレスを書いておきます。

http://marcfcb11.blog21.fc2.com/ (PC専用)

http://marcfcb11.blog21.fc2.com/?m (携帯専用)


サッカーコラムもこれまで通り、ジオログに書いていきます。


また、サッカーから離れて映画・テレビ番組の感想を書くために、別のブログを開設しました。こちらは不定期更新ですが、お楽しみ頂ければ幸いです。

http://marcfcb1109.blog31.fc2.com/ (PC専用)

http://marcfcb1109.blog31.fc2.com/?m (携帯専用)








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。