プロフィール ×

マルク

Author:マルク
本館ブログへようこそ!
FCバルセロナ応援サイト
「バルセロ二スタという職業」
の管理人です。
当ブログはロナウジーニョの情報が中心。ゴー・アヘッド・イーグルス(オランダ2部)で現役復帰を果たしたマルク・オーフェルマウスの情報も載せています。


最近の記事 ×

最近のコメント ×

最近のトラックバック ×

月別アーカイブ ×

カテゴリー ×

カレンダー ×
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

Link ×
このブログをリンクに追加する

ブログ内検索 ×

RSSフィード ×


 バルセロ二スタという職業 



スポンサーサイト 【--/--/-- --:--】 スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


CL05-06決勝 FCバルセロナ×アーセナル 【2006/05/18 08:30】 05-06試合レポート

cl0506final01.jpg



FCバルセロナ 2-1 アーセナル


チャンピオンズリーグ優勝!!
リーガ・エスパニョーラとの2冠達成!!!

試合が動いたのは18分。ロナウジーニョのスルーパスに反応して抜け出したエトーがGKレーマンと1対1に。レーマンはペナルティエリア手前でエトーを倒して1発レッドで退場!

これでキープレーヤーのピレスが下がり、バルサが圧倒的に優位に立ったはずでしたが、嫌な予感がしたのも事実。1人少なくなったチームが亀のように守備を固めてしまい、攻めあぐねるというのはよくあるパターン。

事実、バルサはそのパターンに陥り、ゴールを奪うどころか逆にセットプレーからソル・キャンベルにヘッドで先制ゴールを決められます。

後半に入り、イニエスタの投入で中盤が活性化し、ゴールチャンスを多く作るバルサ。ただ、アーセナルの必死の守備に阻まれ、ゴールが遠い!次第にバルサに焦りの色が・・・。

しかし61分に投入された仕事人、ヘンリク・ラーションが最後の大仕事!76分、ラーションがペナルティエリア内で巧みなパスをエトーに流します。エトーはGKアルムニアの横をすり抜ける技ありシュート!同点!!

さらには81分、途中投入のベレッテイが攻め上がり、またもラーションからのパスが通ります。ベレッティはペナルティエリアに侵入し、ゴール右の角度の無いところから豪快に右足を振り抜きました。決まった、逆転ゴール!!!

あとはただ時間が過ぎ去るのを待つだけ。・・・そしてタイムアップ。

ついにビッグイヤーを掲げたプジョール。
アンリ越えを果たしたエトー。
幼い息子と共に涙するジュリ。
そして、因縁の地・パリで喜びを噛み締めるロナウジーニョ。

ありがとう、バルサ。
今はただ、歓喜のとき・・・。


cl0506final02.jpg




スポンサーサイト
CL05-06 FCバルセロナ×チェルシー 【2006/03/12 22:41】 05-06試合レポート


FCバルセロナ 1-1 チェルシー


【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ビクトル・バルデス
DF:オレゲール、プジョール、マルケス、ファン・ブロンクホルスト
MF:エジミウソン、モッタ、デコ
FW:メッシー(24分→ラーション)、ロナウジーニョ、エトー


【チェルシー出場メンバー】
GK:ツェフ
DF:フェレイラ、カルバーリョ、ジョン・テリー、ギャラス
MF:ジョー・コール(83分→フート)、マケレレ、ランパード、ダフ(58分→グジョンセン)、ロッベン
FW:ドログバ(58分→クレスポ)


【得点者】
FCバルセロナ
79分:ロナウジーニョ

チェルシー
93分:ランパード(PK)



barchel01.jpg



リベンジ第2章の主役はロナウジーニョ!

第1章の主役だったメッシーが前半20分に負傷退場するというアクシデントが発生。それでもバルサが圧倒的に優位に試合を進めるも、なかなか得点が奪えない展開が続きました。

そして79分、「今回の主役」がチェルシーのDFを抜き去り、ジョン・テリーさえも難なく振り切り、強烈なシュート!
ゴール!!!

また一歩、神に近付いた男、ロナウジーニョが大仕事をやってのけました。

試合終了間際に疑惑のPKで同点に追い付かれてしまいましたが、2試合の合計スコアで上回ったバルサがチェルシーを撃破!甘美なリベンジ劇は幕を閉じました。



barchel02.jpg


barchel03.jpg


barchel04.jpg




[READ MORE...]
05-06 FCバルセロナ×デポルティーボ 【2006/03/08 03:11】 05-06試合レポート

barcadepor01.jpg




FCバルセロナ 3-2 デポルティーボ



【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ビクトル・バルデス
DF:ベレッティ(77分→オレゲール)、マルケス、プジョール、シウビーニョ
MF:エジミウソン、デコ、イニエスタ(46分→ファン・ボメル)
FW:エトー、ラーション(67分→ジュリ)、ロナウジーニョ


【デポルティーボ・ラ・コルーニャ出場メンバー】
GK:モリーナ
DF:マヌエル・パブロ、アンドラーデ(61分→セサル)、フアンマ、カプデビーラ
MF:ドゥシェール(46分→デ・グスマン)、セルヒオ、ビクトル、ロメロ(67分→トリスタン)、ムニティス
FW:アリスメンディ


【得点者】
FCバルセロナ
3分:ロナウジーニョ
33分:ラーション
62分:エトー

デポルティーボ
15分:フアンマ
28分:アンドラーデ




セットプレーからの点の取り合いを制したバルサ。しかし、チェルシー戦を前に守備の課題が浮き彫りに・・・。

逆転ゴールを決めたエトーは、サポーターから受け取ったカメルーン国旗を誇らしげに掲げました。人種差別には屈しないという確固たる意志を示したのです。




barcadepor02.jpg





05-06 サラゴサ×FCバルセロナ 【2006/03/06 01:22】 05-06試合レポート



サラゴサ 0-2 FCバルセロナ



【サラゴサ出場メンバー】
GK:セサル
DF:ポンシオ、アウバロ、G・ミリート、トレド(82分→クアルテロ)
MF:オスカル(82分→ヘネレロ)、サパテール(85分→サビオ)、セラーデス、カニ、エベルトン
FW:D・ミリート


【FCバルセロナ出場メンバー】
GK:ビクトル・バルデス
DF:ベレッティ、マルケス、プジョール、シウビーニョ
MF:デコ、エジミウソン、モッタ(55分→ファン・ボメル)
FW:メッシー(70分→ラーション)、エトー、ロナウジーニョ(86分→イニエスタ)


【得点者】
FCバルセロナ
78分:ロナウジーニョ(PK)
82分:ラーション




zaragobar02.jpg



更新が遅れております。申し訳ありません。

相手は国王杯で敗れたサラゴサ。雪辱を晴らしたいところでしたが、サラゴサの素早いプレッシングとカウンターアタックにより、バルサらしい攻撃は封じられました。つまりは細かいパスワークが見られず、後方からロングボールを放り込むばかり。

得点の気配がしないまま、こう着状態は後半まで続きました。しかし、あまりに悲しい出来事が試合を動かすことになります。

71分、バルサのコーナーキックの際に、エトーに対して一部のサポーターから人種差別的な野次が飛びました。すぐさま主審が試合を止め、ピッチ脇まで走り寄り、会場スタッフに野次を報告。その直後、たまりかねたようにエトーが交代を要求するジェスチャーをしながらピッチを出ようとしました。

あわや試合のボイコットになりそうな雰囲気でしたが、両チームの選手やライカールト、テン・カテ、主審の説得により、エトーはピッチに戻りました。

試合は再開されましたが、それまで最高のプレーを見せていたサラゴサの選手たちの集中力が切れてしまったのは明らかでした。78分、バルサのコーナーキックからエジミウソンが右足ボレー。完全に枠内を捉えたシュートに対し、サラゴサのセラーデスがハンドの反則を犯してPKとなります。セラーデスは1発レッドで退場処分。バルサはそのPKをロナウジーニョが確実に決め、先制します。



zaragobar01.jpg



さらにその4分後、エトーのセンタリングからラーションがダイレクトで合わせて追加点を挙げ、そのまま0-2でアウェーでの勝利を収めました。

しかし何とも後味の悪い試合になってしまいました。人種差別的な野次とエトーの反応を巡って論争状態になっています。モンキーチャント(黒人を侮辱するジェスチャー)を逆にやり返すほど精神的にタフなエトーですが、今回は自らピッチを去ろうとしました。それほど酷い野次だったということです。

ライカールトの見解はいささか優等生的な気もするのです。確かに、こんなことに負けて欲しくはない。しかし問題は根深く、深刻なのです。

人種差別はサッカーの敵だ!




zaragobar03.jpg


zaragobar04.jpg









上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。